2015年対楽天戦で大谷翔平はバックスクリーンへホームランも…

 新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期となっているプロ野球だが、6月19日の開幕が正式に決まった。選手、ファンにとってはもう少しの辛抱が続くが、こんな時こそ過去の名場面を振り返り、少しばかり気を晴らしてみてはいかがだろう。ここでは「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeで公開されている動画の中から、特に印象的な名場面を振り返ってみたい。

 片手でバックスクリーンへ運ぶ“驚愕弾”を放ったのは、やはり大谷翔平だった。

 2015年5月19日の楽天対日本ハム戦。2-2の同点で迎えた3回の先頭で打席に入った大谷。カウント2-2から塩見が投じた128キロのスライダーにタイミングを崩されながら、最後は右手1本でスイング。だが、打球はグングン伸びバックスクリーンに飛び込む、勝ち越しの3号ソロとなった。

 打たれた塩見もマウンド上で呆然。球場が騒然となった一発にも大谷は涼しい顔でダイヤモンドをゆっくり回り、ベンチに戻っても至って冷静な表情を見せていた。

 大谷らしさ全開の一発にファンも「これは行くでしょ。大谷だもん」「これでピッチャーやもんね」「大谷にこの球場は小さすぎる」「最強の二刀流」「打席に立つだけで反則級」と驚きのコメントが多く上がっていた。(Full-Count編集部)