前田健太と初のチームメイト、「ゆっくりイジメようと」

 レンジャーズからドジャースにトレードで移籍したダルビッシュ有投手が2日(日本時間3日)に会見に臨み、ドジャースの印象などについて語った。今夏のオールスターの際にドジャースのエース左腕クレイトン・カーショーに「3週間後待っている」と声をかけられたエピソードも披露。指名打者制ではないナ・リーグでは打席にも立つため「自分がどうなるか、ちょっと心配」と口にした。

侍ジャパンU-12代表は5日に韓国戦 決勝進出へ、絶対に落とせない一戦に(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 7月31日(日本時間8月1日)のトレード期限ぎりぎりでドジャース移籍が決定したダルビッシュ。この日はドジャースの青いキャップをかぶって会見の臨んだ。地元メディアからドジャースの移籍について問われた右腕は「初めての経験なので、ちょっと新しいチームにシーズン中に合流するっていうのは不安でしたけれど、みんなすごくいい人たちばかりで、すごく溶け込めている感じもしているし、こんな強いチームにこられて嬉しいです」と率直な心境を語った。

 ドジャースには前田健太投手も在籍し、1日(同2日)のブレーブス戦では7回零封の好投で10勝目をマーク。今回ともに先発ローテを担うのは楽しみかと問われると「もちろんそうですし、同じチームでプレーすることは日本でもなかった。ゆっくりイジメようと思ってます」と話し、会場の笑いを誘った。

打席に立つナ・リーグへの適応、「たまに打つ分には楽しいんですけど…」

 会見ではドジャースのエース、カーショーとのエピソードも披露。左腕の印象について問われた際に「ナンバーワンのピッチャーですから、同じチームで色々学べるのはすごく大きいですし、オールスターの時に『3週間後、待っているから』と言われて、それが現実になってすごく嬉しいです」と話した。

 また、「自分と似ているというか。僕はもともとトレーニングをするので。カーショーもすごくトレーニングをするなというのと、僕はウェイトリフティングシューズを履いて下半身のトレーニングをしているけれど、レンジャーズではずっとバカにされてたんですけど、カーショーがやっているとわかって、オレは間違ってなかったと思いました」と語った。

 一方、日本時代に所属した日本ハム、2012年に加入したレンジャーズではDH制のリーグでプレーしており、投手も打席に立つナ・リーグへの適応について問われると「毎試合打つことはこれまでの自分のキャリアでもない。疲れるのか……、疲れるんじゃないかなと。たまに打つ分には楽しいんですけどそれが毎回になった時に自分がどうなるのか、そこはちょっと心配です」と心境を吐露した。

 4日(日本時間5日)の敵地メッツ戦で新天地デビューする右腕。「21」の番号を背負ってどのような活躍を見せてくれるのか。現地でも大きな注目を浴びている。(Full-Count編集部)