助っ人の本塁打導いた意識の変化、「映像を見て再確認した」

 来日以来23試合、76打席本塁打がなかったロッテのペーニャに待望のアーチ。それも1試合2本でスタンリッジの今季3勝目を強烈アシストした。

 2日の日本ハム戦の2回に有原の148キロ速球を右翼へ流し打つ先制ソロ。「ストレートをしっかりアジャストできた」と話す助っ人は6回にもフォークを左中間へ2号ソロをマーク。「打った瞬間、詰まってフライアウトかと思って」とバットを叩きつけようとしたが、パワーでスタンドまで運んだ。

 試合前、伊東監督は「少し速いボールを苦手としている。左(投手)とか球威の落ちるピッチャーならタイミングが合うかと、その辺も配慮しながら使っている」と語っていたが、再来日1号はストレートだった。

 楽天に在籍していた2015年9月18日のオリックス戦以来、684日ぶりのホームランに、指揮官も「今日来た新外人が打ちました」と開口一番、ジョークだったが、「ホームランは効果的。いいところで打ってくれた。2本出て少しは気が楽になって、明日から乗っていけると思う」と胸をなでおろした様子だ。

福浦の言葉もきっかけに

 打席での考え方を変えたことがきっかけになった。「(外国人選手に対して)2年前は、ストレートを見せ球にして変化球で打ち取るパターンがほとんどだった。再来日して一番違いを感じたのはストレート勝負が多いこと。変化球のタイミングで待っていては、速い球に対応できない。映像を見て、昨日あたりから、そのことを再確認した」と言う。

 6回の2号もベンチで福浦からもらったアドバイスが生きたという。「ストレート狙いでスライダーに対応したら」の助言によって、変化球に多少詰まってもスタンドまでもっていけた。

「これからも自分の打てる球をしっかり待っていけば、今日みたいなホームランが増えるだろう」

 本塁打を打ち始めた助っ人からは、遅ればせだが、ロッテファンには嬉しい量産宣言も飛び出した。(細野能功 / Yoshinori Hosono)