ヤンキースは2連敗

 ヤンキースの田中将大投手が2日(日本時間3日)の本拠地タイガース戦で6回2失点と力投したが、味方打線の援護なく10敗目(8勝)を喫した。2桁黒星は自身メジャー初で、楽天時代も1度もなかった。0-2で敗れたヤンキースは2連敗となった。

 降雨で1時間以上遅れて始まった試合で、田中は初回いきなり先頭のキンズラーから3連打を浴びて1失点。しかしその後、2三振を奪うなど後続を断つと、2回、3回と無失点に封じた。

 だが、味方打線が相手先発のジマーマンの前に沈黙すると、田中は4回に味方の守備の乱れも絡んで2失点目。結局、6回100球、6安打7奪三振、2失点(自責1)でマウンドを降りた。

 その後さらに中断を挟んだ試合はヤンキースが完封負け。田中に10敗目がついた。今季は8勝10敗、防御率4.93となっている。(Full-Count編集部)