ロバーツ監督も「目の前にいると彼は本当に体格がいい」

 ドジャースに初合流を果たしたダルビッシュ有投手に対し、ロサンゼルスの地元紙から驚嘆の声が上がっている。

侍ジャパンU-12代表は5日に韓国戦 決勝進出へ、絶対に落とせない一戦に(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 レンジャーズからトレード期限ぎりぎりで移籍した右腕は2日(日本時間3日)、アトランタ遠征中のチームに合流。会見にも臨み、「初めての経験なので、ちょっと新しいチームにシーズン中に合流するっていうのは不安でしたけれど、みんなすごくいい人たちばかりで、すごく溶け込めている感じもしているし、こんな強いチームにこれて嬉しいです」と語った。

 この様子を報じたドジャースの地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」電子版は「ユウ・ダルビッシュがドジャース初日で大きな印象を残す」との見出しで記事を掲載。その体格の大きさに衝撃を受けた様子で、「ユウ・ダルビッシュのサイズは早くも注目を浴びた。彼は巨大だ。本当に、本当に巨大だ」とレポートした。

 球団公式サイトによるとダルビッシュは約196センチ、約100キロ。さらに筋力トレーニングも積極的に行っている。記事では左腕アレックス・ウッドが「彼は堂々しているよ」とコメントしたことを紹介しつつ、「サントラストパークの外野でキャッチボールをしているのを見るのは、まるでスプリングトレーニングでヤシエル・プイグを初めて見た時のようだった。他のメジャーリーグ選手と一緒にいても、彼は他の誰よりも大きく、そして強く見える」と伝えた。

 記事の中でデーブ・ロバーツ監督も「彼をテレビで見るだろ。でも、目の前にいると、彼は本当に体格がいいんだ」、「(背番号の)21も本当に映えるだろうね」と頼もしそうに語っている。

 4日(日本時間5日)の敵地メッツ戦で初登板に臨む見通しのダルビッシュ。まずはその体格で大きなインパクトを残している。(Full-Count編集部)