初投稿では18年メジャー初本塁打のサイレント・トリートメントの映像をアップした

 エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間29日)、自身のインスタグラムを開設した。初投稿では18年4月3日のインディアンス戦でメジャー初本塁打を放った際に同僚から受けた「サイレント・トリートメント」の映像をアップし、「インスタグラムの開設がこれよりうまくいくことを願っています」と英語で綴った。

 ついに大谷が“インスタデビュー”だ。大谷はマイク・トラウト外野手、アルバート・プホルス内野手らチームメートや水原一平通訳、エンゼルス公式などをフォローしている。初投稿から30分でフォロワーは1万3000人に突破。さすがにサイレントトリートメントとはいかなかったようだ。

 大リーグ公式インスタグラムは大谷のインスタグラム開設を速報。「Throws 100 Hits bombs Joined Instagram」と綴った。米メディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番ファビアン・アルダヤ記者も速報し、日米に瞬く間に拡散されている。(Full-Count編集部)