初投稿では18年メジャー初本塁打のサイレント・トリートメントの映像をアップした

 エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間29日)、自身のインスタグラムを開設した。初投稿では18年4月3日のインディアンス戦でメジャー初本塁打を放った際に同僚から受けた「サイレント・トリートメント」の映像をアップし、「インスタグラムの開設がこれよりうまくいくことを願っています」と英語で綴った。

 ついに大谷が“インスタデビュー”だ。大谷はマイク・トラウト外野手、アルバート・プホルス内野手らチームメートや水原一平通訳、エンゼルス公式などをフォローしている。初投稿から30分でフォロワー数は1万3000人、1時間で2万4000人を突破。初投稿には1000件近いコメントが寄せられた。さすがにサイレントトリートメントとはいかなかったようだ。

 ファンは大興奮だ。初投稿にはMLB公式インスタグラムが「Shotime!」と大歓迎。MLB公式の動画コーナー「Cut4」は「let’s goooooooo」とコメントした。同僚のアンソニー・レンドン内野手は「ようこそ!」。エンゼルス公式や所属事務所の「CAAスポーツ」、水原一平通訳らも反応している。(Full-Count編集部)