遅くまで球場に残ったファンに感謝、救援陣も称賛「全員ゼロに抑えたわけだから」

 3日にマツダスタジアムで行われた広島対阪神戦は5-5の引き分けに終わった。延長12回、4時間を超えた試合は、延長戦で両チームとも決め手を欠き引き分けに終わった。敗色濃厚の9回に3点差を追いついた引き分けに、緒方監督は「勝ちに等しい引き分けと捉えている」と満足そうだった。

 9回表を終わって2-5のスコアで、マウンドには守護神のドリス。誰もが阪神の快勝と思った展開だったが、先頭の新井が内野安打で出塁し、エルドレッドがヒットで続くと、球場のムードが変わった。1死後に代打松山のタイムリーで1点を返し、一、三塁の場面で代打の西川が右中間へ安打を放ち、スタートしていた一塁走者の野間も還って同点とした。

 緒方監督は「長いゲームだったけど、最後までたくさんの人が球場に残って応援してくれて、選手も頑張ってくれた」とファンに感謝し、「9回は同点打を打った西川だけでなく、先頭で出塁した新井やタイムリーを打った松山と、3点差を追いついて、負けゲームを引き分けにできた」と選手を評価した。さらに「九里の後に投げた投手が、全員ゼロに抑えたわけだからね」とリリーフ陣の頑張りも強調した。

 この日の引き分けで阪神の自力優勝の可能性が消滅し、マジック対象チームはDeNAとなった。チームは7カード連続勝ち越しこそ逃したが、7月5日以来、連敗のないチームは連覇にまた一歩近づいた。指揮官の「全員が一丸となって、粘り強い、いいゲームができた。誰がヒーローというわけではなく、1人1人が役割をしっかりと果たしたということ」という言葉が、現在のチームを見事に表わしている。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)