初回に柳田、5回には栗原に一発が出て紅組が勝利

 ソフトバンクは30日、本拠地PayPayドームで紅白戦を行った。故障から復帰した柳田悠岐外野手、栗原陵矢捕手に一発が飛び出し、若手投手陣のアピールが際立つ試合となった。

 首回りの張りで別メニューとなっていた柳田は、紅組の「3番・中堅」で出場。初回1死二塁で迎えた第1打席でいきなり左翼スタンド中段に運ぶ2ランを放った。5回にはアピールを続ける栗原が左中間ホームランテラス席へのソロ。28日に続く、紅白戦2戦連発となり、またしてもアピールに成功した。

 投手陣では先発したスチュワートが右スネに打球を当てて1イニングで降板するアクシデントが発生。高橋礼は柳田に2ランを浴びるなど、2回を投げて3安打2失点だった。目立ったのは若手投手陣のアピール。尾形、津森が1イニングを投げて2三振、パーフェクトに封じた。泉も1イニングを無失点、前回制球に苦しんだ古谷も2イニングを1安打無失点に抑えた。

 試合後、工藤公康監督は「初回に柳田くんのホームランが出てよかった。投手も慣れてきたのか良さが出てきた。栗原くんはいい状態保っているので続けてもらいたい。古谷くんもいいバランスで投げていたと思うし、あとの投手も持ち球の中で投げてましたのでよかったと思う。尾形も1球1球気持ち伝わるくらいいい球を投げていた」と語り、満足げな表情だった。

○ソフトバンク紅白戦
紅組 200 010 0=3
白組 000 000 0=0
紅組:スチュワート1、森1、モイネロ1、古谷2、泉1、津森1
白組:高橋礼2、嘉弥真1、岩嵜1、川原2、尾形1
本塁打:柳田、栗原(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)