阿部がサヨナラ打で決着、ロッテ酒居は好投もプロ初勝利消える

 楽天は4日、本拠地でのロッテ戦に3-2でサヨナラ勝ち。土壇場の9回に逆転し、連敗を3で止めた。先発の岸が7回5安打2失点8奪三振の力投も、8回まで打線が援護できず。ロッテドラ2酒居が雨の中で8回3安打1失点と好投し、プロ初勝利の権利を持って降板したが、9回に楽天がロッテ内から2点をもぎ取った。楽天は梨田監督の64歳の誕生日を劇的な勝利で飾った。

 岸は初回、1死から加藤に遊撃内野安打で出塁を許すと、鈴木にはライトへの2ランを浴びる。いきなり2点を先制された。一方、楽天は3回に茂木が2死からソロ本塁打。1点差に迫る。

 4回から7回まではルーキーの酒居に無安打に抑え込まれる。8回は2死から代打・枡田が内野安打で出塁も、茂木が倒れて同点に追いつくことは出来ず。しかし、9回に試合をひっくり返した。

 酒居に代わってマウンドに上がった内を攻め、聖澤が同点犠飛。さらに、最後は阿部が右中間へのサヨナラ打を放ち、劇的なサヨナラ勝ちとなった。

 プロ初先発で8回3安打1失点8奪三振の快投を見せたロッテ酒居は初勝利ならず。2位楽天は3位の西武が超大型連勝を続ける中、最近7試合で1勝6敗と失速していたが、貴重な1勝をつかんだ。(Full-Count編集部)