西武59年ぶり13連勝の立役者、山川の3打席連発を生んだ「昨日の悔しさ」

 7月21日から4カード連続全勝で、4日は首位ソフトバンクも破って59年ぶりの13連勝を達成した西武。特に、8月1日からの(当時)首位・楽天との直接対決は、今後の順位争いを大きく左右する鍵となりそうな大事なゲームだっただけに、3タテは非常に大きかった。その立役者となったのが、山川穂高だった。

 2戦目の同2日、昨年初対戦し、3打数3連続三振と「コテンパンにやられた」(山川)則本昂大を相手に2打席連続本塁打、4打点。代わった久保裕也の変化球も、レフトスタンドに放り込み、プロ初の3打席連続本塁打を記録する大爆発を見せた(3軍戦では1年目に記録)。さらに、翌3日も4打数3安打3打点と連夜の猛打賞の活躍で、菊池雄星の11勝目を後押し。4日のソフトバンク戦では、値千金の決勝2点二塁打を含む2安打2打点で、チームに13連勝をもたらした。

「自分の居場所は、自分で確保するしかない」

 今季、自ら課していることが、大きな成果として表れたと言っていいだろう。

 3打席連続弾という快挙の最大の要因にも、山川は「昨日の悔しさ」を挙げていた。前日の試合、4回無死走者二塁の場面でショートゴロ。さらに、6回無死満塁の大チャンスにもショートフライトと、2度も「自分らしくないバッティング」で逸機した。その猛省から、たとえ、相手が打てていない則本だろうが、「ここで当てにいったら、(自分らしくなかった昨日と)一緒。三振してもいいから、しっかり振ろう」と、気持ちの整理がつけられたことが、好結果を生んだという。そこまで割り切れたのは、ほかでもない。毎日直面している危機感からだ。

「今日打たないと、僕に明日はない」

降格後に2軍で打率3割を「ノルマ」にした理由

 開幕1軍入りは果たしたものの、4月を終わった時点で出場12試合、27打数3安打2本塁打、打率.111と振るわず、5月1日に登録を抹消された。その時から、並々ならぬ決意でリベンジを目指した。

「ファームでは、自分の調子がどんな状態であれ、絶対に3割以上は残すこと。あとは、四球や出塁率にもこだわって試合に挑んでいました。本塁打は、どうしても出る時と出ない時がありますが、打率や出塁率さえ残していれば、何かあった時に、1軍に行きやすいんじゃないかと思って。1軍に上がりさえすれば、結果を残せる自信はありました」

 言葉通り、しっかりと打率.323、出塁率.464、33四球の結果を残し、7月8日に1軍再昇格を掴むと、その当日の楽天戦(Koboスタ宮城)で早速、代打で起用され、右翼本塁打の“一発回答”。同10日(ロッテ戦)の1打席勝負でも左安打で期待に応え、翌11日からの先発出場を勝ち取った。

 だが、先発起用が続いた4試合目(7月18日vsソフトバンク戦)で、1試合3三振を喫してしまう。翌19日のスターティング・オーダーから、山川の名前は消えた。「今年、僕は今まで積み上げてきたものがないんだから、いかに打ち続けるか。昨日打ったら、今日も打つ。で、明日も打つ。これからの残りのシーズン、それをずっとやり続けていくしかないんだ」。自分が置かれている現状を改めて突きつけられると、自らに言い聞かせるように、黙々と室内練習場でマシンに向かった。

 7月26日、チャンスは再び巡ってきた。6試合ぶりに先発復帰すると、勝ち越しタイムリーの働きで、『明日への通行手形』を手に入れた。以後、スタメン起用が続いているが、心の中には、常に「1日1日が勝負」の思いを抱えている。その重圧の中で、勝利に直結する結果が出始めているのは、「2軍での2か月が生きている」からだ。

「2軍でも、3割を打つって、決して簡単なことではないんです。1日1本ヒットを打てないと、3割にはいかない。ファームで1日1本打つ難しさと、1軍で生き残るために、1日1日が勝負で、毎日結果を出さなければいけない状況って、一緒だなと思って3割をノルマにしていました」

 まさに、その積み重ねが、結実していると言えよう。

「2か月かかりましたが、終盤戦に向けて、準備はできたかなと思っています」

 昨日からつながった今日を、明日へつなげる。そのための“1本”を求め、1日1日に全身全霊を捧げる。(上岡真里江 / Marie Kamioka)