ドジャース移籍後初登板で7回3安打10奪三振無失点の好投、7勝目マーク

 レンジャーズからドジャースに加入したダルビッシュ有投手が4日(日本時間5日)の敵地メッツ戦で7回3安打10奪三振無失点の好投を見せ、移籍後初登板初勝利を挙げた。初回から味方打線の援護を受けた右腕は立ち上がりにピンチを迎えたが点を許さなかった。6-0で勝利したチームは2連勝。7勝目(9敗)を手にした右腕は初登板に多少の不安があったことを明かした。

侍ジャパンが世界で勝つために、育成年代から“野球IQ”を養う必要はあるのか(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 注目の新天地デビュー。その最大のピンチは初回だった。テイラーの先頭打者本塁打で1点のリードを受けた直後、ダルビッシュは先頭のコンフォートに初球を右前にはじき返されると、1死後にブルースに四球を与えて、一、二塁のピンチを迎えた。

 ここで4番セスペデスを左飛に打ち取り、2死一、三塁に。直後、グランダーソンにはセンター方向に強烈な打球を浴びたが、自身の頭上を超えようかという瞬間に左手を伸ばしてライナーを好捕。自身のファインプレーで無失点に切り抜けた。

 2回以降は波に乗り、2回、4回、6回、7回と3者凡退に仕留める好投。7回は3者連続空振り三振に斬り、今季5度目の2桁奪三振にも到達した。この日は99球で3安打10奪三振1四球で無失点。防御率は3.81となった。

ドジャース強力打線に驚き、「こんなに簡単に点入るんだって思ってました」

 試合後の会見で、登板前にホテルで球団GMから投球に関するアドバイスを受けたことを明かしたダルビッシュは「キャッチャーのサインを信じて投げた」とし、「初回はやっぱり変な感じがありましたけど、守っている選手も違いますし、でも2回から普通にいつも通り投げることができました」と振り返った。

 また現在メジャー最高勝率を誇り、ワールドシリーズ制覇に突き進む強豪での移籍後初登板に「みんないいピッチングしてるので自分がいきなりトレードで来てめちゃくちゃだったらホントにやばいなと思ってたので、いいピッチングができてよかったです」と安堵の表情を浮かべた。

 また初回の緊張感についてはレンジャーズに在籍していた前回登板のマーリンズ戦で10失点していたことが影響していたようで、「今日もやったらヤバイんじゃないっていうので、ちょっと大丈夫かなっていうのはあった」とダルビッシュ。ただ今回好投したことで「次は初回から自信満々だと思う」と話した。また、初回から得点を重ねた味方打線については「こんなに簡単に点入るんだって思ってました」と驚いた様子だった。

 この会見の模様は地元メディアも速報。注目のマウンドで見せた圧巻の投球は現地でも大きな称賛を浴びている。(Full-Count編集部)