現時点で歴代単独22位の3061安打、「ヒットキングにはリスペクトしかない」

 マーリンズのイチロー外野手は5日(日本時間6日)の敵地ブレーブス戦に代打で出場し、遊ゴロに倒れた。2試合連続安打とはならなかったものの、4日(同5日)の試合では8回に代打でセンター前ヒットをマーク。メジャー通算3061安打としてクレイグ・ビジオ(通算3060安打)を抜いて歴代単独22位に浮上していた。背番号51の新たなマイルストーンを紹介したMLB公式ツイッター「スタッツ・オブ・ザ・デイ」にはファンから称賛の声が寄せられ、「20歳でメジャーのキャリアをスタートさせていれば、すでに(MLB通算で)歴代トップになっていただろう」という意見もあらためて寄せられている。

「イチローはキャリア通算3061安打を刻み、殿堂選手のクレイグ・ビジオを抜き、歴代22位となった」

 現地時間4日に、ヒット動画とともに「スタッツ・オブ・ザ・デイ」がつぶやいたこの一文。今季も過去の偉人達を次々と抜いてきた安打製造機について、地元ファンからは絶賛の声が届いた。

 「私のヒットキングにはリスペクトしかない」

 「私の永遠の人気者の一人」

 「史上最高」

「もしも」の議論も加熱「キャリア全てMLBで過ごしていたら、ローズの記録を超えていた」

 背番号51に対して、もはや“定番”ともなっている「ヒットキング」「史上最高」といったワードに加え、今回は「もしも」の議論も加熱した。

「もし、イチローが20歳のときにアメリカでキャリアをスタートさせていたら、今頃は歴代トップになっていたことだろう」

 「最高のスラップヒッターがここに。もしも、キャリアの全てをMLBで過ごしていたら、彼はピート・ローズの記録を超えていただろう。。。余裕で」

 「彼は27歳になるまでMLBでプレーしていないんだ。もしも、20歳か21歳でキャリアをスタートさせていたならと思うと」

 イチローは昨年6月15日のパドレス戦での二塁打で、ピート・ローズの持つメジャー通算最多安打記録4256安打を日米通算で抜いた。“世界記録”はその後も伸び続け、現時点で4339本となっている。

 日本での安打の扱いをめぐっては、イチロー自身は“ローズ超え”の日に記者会見で「僕としては日米合わせた数字ということで、どうしたってケチが付くことは分かっている」と言及し、「ピート・ローズが喜んでくれてれば全然違うんですよ。それは全然違います。でもそうじゃないっていうふうに聞いているので。だから僕も興味がない」と胸中を明かしていた。ただ、米国でキャリアをスタートさせていたら何本の安打を重ねていたかと推測するファンは未だに多く、米国でもイチローこそが「ヒットキング」と主張する声は多い。

 返信欄には「イチローはMLBに来てから3061本放ったのか? それとも日本のキャリア安打も合算しているのか?」というファンの声があり、「MLBオンリーだ。日本時代も加えると4600安打に迫っている」と訂正する人も。実際には261本の“ズレ”があったものの、イチローの凄さを強調したかったようだ。

「もしも」の議論に答えはない。ただ、歴代安打ランキングで浮上を続けるイチローの「ヒットキング論争」は、米国でまだまだ続きそうだ。