セグラが敵地の驚嘆誘う美技

 マリナーズのジーン・セグラ内野手が6日(日本時間7日)の敵地ロイヤルズ戦で周囲の驚嘆を誘う美技を披露した。

 好プレーが飛び出したのは0-0で迎えた初回1死一塁の場面だった。3番ホスマーの打席でマリナーズは二塁手が一塁側により、遊撃手のセグラが二塁ベースの右後方に位置する守備シフトを敷いた。

 ここでホスマーはセンター方向へ鋭い打球を弾き返した。これにセグラが迅速に反応。センターに抜けようかという打球を横っ飛びで好捕すると、完全に起き上がっていない状態から右膝をつきながら一塁に送球。見事にアウトに仕留めた。

 27歳の内野手が見せた美技に敵地からも歓声が沸き起こり、試合を中継した実況からは「ワンダホー!」の絶叫が上がった。

 マリナーズはその後、2回に1点を先制したが、先発のラミレスが5回8安打5失点を喫するなど1-9で逆転負けを喫した。(Full-Count編集部)