西武が5勝1敗と絶好調も、楽天は2勝4敗と負け越す

 パ・リーグの第19週は「2強状態に異変アリ」。ソフトバンクは3勝3敗と勝率5割で、楽天は2勝4敗と負け越した。快進撃を続ける西武の連勝は「13」で途切れた。

【パ・リーグNPB第19週(8/1-8/6)】
西武    (6試合5勝1敗0分、勝率.833)
オリックス (5試合3勝2敗0分、勝率.600)
ソフトバンク(6試合3勝3敗0分、勝率.500)
ロッテ   (5試合2勝3敗0分、勝率.400)
楽天    (6試合2勝4敗0分、勝率.333)
日本ハム  (4試合1勝3敗0分、勝率.250)

 13連勝は途切れたが、西武の勢いは止まらず。日本ハムは4試合だったが、1勝しただけに止まった。

【打者5傑】

○安打
1山川穂高(西) 11
2源田壮亮(西) 9
2吉田正尚(オ) 9
2加藤翔平(ロ) 9
5今宮健太(ソ) 8
5松田宣浩(ソ) 8
5秋山翔吾(西) 8
5松本剛(日) 8

○本塁打
1山川穂高(西) 4
2柳田悠岐(ソ) 2
2アマダー(楽) 2
2茂木栄五郎(楽) 2
2秋山翔吾(西) 2
2ロメロ(オ) 2
2吉田正尚(オ) 2
2T-岡田(オ) 2
2ペーニャ(ロ) 2

○打点
1山川穂高(西) 14
2浅村栄斗(西) 7
3源田壮亮(西) 6
4上林誠知(ソ) 5
4柳田悠岐(ソ) 5
4T-岡田(オ) 5

○盗塁
1角中勝也(ロ) 2
1盗塁 13人

○打率(規定打席以上)
1松本剛(日) .571
2山川穂高(西) .500
3吉田正尚(オ) .474
4加藤翔平(ロ) .450
5源田壮亮(西) .391

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1山川穂高(西) 11.25
2吉田正尚(オ) 7.91
3秋山翔吾(西) 6.10
4源田壮亮(西) 5.74
5加藤翔平(ロ) 5.10

 今週は、今季1軍初登録された野手は、楽天のオコエ瑠偉だけ。各チームともにメンバーが固定されつつある。西武はメヒアに代わって一塁で起用された山川が4本塁打14打点の大活躍。13連勝の原動力になった。西武は秋山、源田も好調が続く。

投手は…

【投手5傑】

○勝利
1東浜巨(ソ) 1
1サファテ(ソ) 1
1バンデンハーク(ソ) 1
1美馬学(楽) 1
1ハーマン(楽) 1
1十亀剣(西) 1
1菊池雄星(西) 1
1ウルフ(西) 1
1岡本洋介(西) 1
1野上亮磨(西) 1
1大山暁史(オ) 1
1西勇輝(オ) 1
1小林慶祐(オ) 1
1加藤貴之(日) 1
1二木康太(ロ) 1
1スタンリッジ(ロ) 1

○セーブ
1ヘルメン(オ) 2
2サファテ(ソ) 1
2モイネロ(ソ) 1
2増田達至(西) 1
2増井浩俊(日) 1
2内竜也(ロ) 1

○ホールド
1近藤大亮(オ) 2
1武隈祥太(西) 2
1森唯斗(ソ) 2
1ホールド12人

○奪三振
1バンデンハーク(ソ) 13
2菊池雄星(西) 11
3二木康太(ロ) 9
3野上亮磨(西) 9
5酒居知史(ロ) 8
5岸孝之(楽) 8

○防御率(規定投球回数以上)
1十亀剣(西) 0.00
2二木康太(ロ) 1.00
3バンデンハーク(ソ) 1.13
3菊池雄星(西) 1.13
3酒居知史(ロ) 1.13

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出
1十亀剣(西) 26.67
2二木康太(ロ) 25.29
3バンデンハーク(ソ) 21.48
3菊池雄星(西) 21.48
3酒居知史(ロ) 21.48

 リーグ防御率は3.81。西武の十亀が7回を零封。ロッテ二木は9回完投で自責点1だった。救援では、オリックスの新守護神ヘルメンが、4試合に投げて2セーブ1ホールドと結果を出した。(広尾晃 / Koh Hiroo)