日本ハムに2連勝で状態は右肩上がり、古巣ホークス相手にリベンジ狙う

 7月25日釧路、8月2日ZOZOマリンと日本ハムに2連勝して調子を上げてきたロッテのスタンリッジ投手が、9日ソフトバンク戦に先発する。3連勝&4勝目を目指す右腕は、「ストライクを先行して、有利なカウントにし、ボールを低めに集め、長い回を投げること。シンプルに考え、マウンドで最大限に集中し
ていきたい」と抱負を語った。

 ソフトバンク、阪神時代を含めて、日本では10シーズン目を過ごすが、やはり日本の蒸し暑い夏を乗り切るのは大変な様子。7日の練習終了後には、家族と球場近くのホテルにあるプールでリフレッシュした。

「合流した時は、もう帰り支度で」と泳げなかったようだが、「これからも暑い日が続くわけで、プールでエンジョイしたい。(夏を乗り切るには)身体の状態を自分自身で問いかけること。脱水症状にならぬように、水分補給と規則正しい食事。食べることが大事だ」と、スタミナアップが秘訣だと明かした。

 ソフトバンク戦の登板は4月19日以来で、前回は今季初黒星を喫してはいるが、6回を投げて1失点。決して打ち込まれてはいないだけに、古巣相手にリベンジ投球が注目される。(細野能功 / Yoshinori Hosono)