3投手の継投で逃げ切り、3回に5得点&6回に4得点の猛攻

 第99回全国高等学校野球選手権大会は9日、大会第2日が行われ、第3試合は前橋育英(群馬)が山梨学院(山梨)を12-5で破った。

 初回に1点を先制した前橋育英は、5回に2死三塁の好機を作ると、ここから怒涛の4連打。最後は小池がレフトへの2ランを放ち、一気に5点を奪った。

 4回に山梨学院が五十嵐のタイムリーで1点を返すも、直後の5回には相手のミスで1点を追加。そして、6回は皆川のタイムリー、飯塚の3ランで4点をもぎもった。

 6回には山梨学院が広瀬、栗尾のタイムリーで6点差に迫る。しかし、直後の7回に前橋育英は飯島がソロ本塁打。これがチーム3本目のホームランとなった。山梨学院が点差を詰めると、前橋育英が突き放すという展開が続く。

 前橋育英は皆川が4回3失点、吉沢が3回2失点、根岸が2回無失点とつなぎ、12-5で勝利。初戦を突破した。(Full-Count編集部)