2-3と惜敗、伊東監督「1点の壁はなかなか厚い」

 1点の壁が厚かった。8日に19安打17得点でソフトバンクを圧倒したロッテだが、9日はあと1点が遠くバンデンハーク、岩嵜、サファテの継投で逃げ切られ、2-3で敗れた。

 伊東監督は「チャンスは作ったが、1点の壁はなかなか厚い。(前夜は)大味な試合で、今日は接戦と思っていたが、こういう上位のチームは点を取らせてくれない」と嘆いた。

 先発のスタンリッジは3回2死から松田に初球のカーブを捉えられ、先制ソロを被弾。さらに柳田、デスパイネの連続二塁打と中村晃の右前打で3点を失った。

 4回、角中の右翼フェンス直撃の三塁打で遊撃内野安打の荻野貴が還り、なお無死三塁も鈴木は一ゴロ、根元は153キロの速球に振り負けて空振り三振、中村は右飛で追加点を奪えなかった。5回には先頭サントスが右前打。さらに二盗を成功させ、バンデンハークの暴投で無死三塁に進んだ。しかし、田村はカーブをひっかけて浅い三ゴロ。平沢は高めの151キロに空振り三振。調子が上がっている加藤も152キロを左飛とチームとしての実力差を見せつけられた。

「この差、この壁を打ち破っていかないと、勝ち目はない。これからの課題ですね」と伊東監督。ようやく爆発気配を見せ始めたロッテ打線だが、8回は岩嵜、9回はサファテと、155キロ前後の速球を連発する投手には簡単に3者凡退だった。超一級の投手にかかると、あと1点が遠い。(細野能功 / Yoshinori Hosono)