初回先頭のT-岡田からヒットもぎ取る好守、先発菊池も拍手

 西武の浅村栄斗内野手が10日の敵地オリックス戦で華麗な美技を見せた。

 初回、先頭のT-岡田が先発の菊池から二遊間へのゴロを放った。二塁ベースのやや右を通過し、センターへ抜けようかという当たり。しかし、セカンドの浅村が追いつくと、打球を掴んでから一塁へジャンピングスロー。体が反対方向へ流れた状態での送球だったが、ダイレクトで一塁・山川のグラブに収まり、T-岡田はアウトとなった。

 敵地の京セラD大阪がどよめく美技。マウンド上の菊池も思わずグラブを叩き、その後、拍手を送っていた。(Full-Count編集部)