デビュー2戦連続2桁奪三振も「初球のストライクが全然取れなくて…」

 ドジャースのダルビッシュ有投手は10日(日本時間11日)、敵地ダイヤモンドバックス戦で5安打10奪三振2四球2失点(自責2)と粘投し、今季8勝目(9敗)を挙げた。ドジャースに移籍後2戦連続白星。さらに、デビューから2戦連続2桁奪三振は球団史上2人目という偉業を達成した右腕だが、自らの出来については「最低限の最低限」と振り返っている。ドジャースは8-6で勝利し、2連勝を飾った。

 移籍後無傷の2連勝にも日本人右腕に笑顔はなかった。

「初球のストライクが全然取れなくて、すごく苦しい試合だったんですけど、何とか三振でアウトに取れて、何とかまとめられたかな。最低限の最低限ですけれど」

 試合後に淡々とした表情で厳しい自己採点をつけた。

 この日は序盤から制球が定まらず、5回までに106球と球数がかさんだ。それでも、リーグ屈指の攻撃力を誇るDバック打線相手に10奪三振の山を築いた。米スポーツ専門局「ESPN Stats & Info」のツイートによると、1900年以降のドジャース投手でデビューから2戦連続2桁Kを記録したのは、1954年のカール・スプーナー以来球団史上2人目の快挙だという。そして、メジャー通算980奪三振とし、1000奪三振の節目までも残り「20」と迫った。

 粘投のダルビッシュを救ったのは、リック・ハニーカット投手コーチの一言だった。ダルビッシュは5回に先頭打者を四球で出塁させたが、ここから“魔球”カーブを効果的に使い、3者連続三振に打ち取った。

投手コーチのアドバイスで「カーブが増えました」

「前回はカーブをすごく有効に使えていた。今日は真っ直ぐ系でバンバン行ってしまった。ハニーカットが僕のところにきて、もう少しゆるい球を使おうと。カーブをもうちょっと使おうということになって、あの回カーブが増えました」

 ファストボール中心のピッチングだったダルビッシュだが、ハニーカット氏のアドバイスでカーブを織り交ぜたことで、5回はピッチングが冴え渡ったという。また、この日は速球の制球に苦しんだ中で、キレのあるスライダーも効果的だった。

「シンカーの、ツーシームのコマンドが悪すぎて、ストライクが取れなかったんですけれど、今言われた通りにスライダーの曲がりがすごく良かったですし、キレもすごく良かったので、今日は助かりました」

 速球が本調子でなくても、変化球がある。冴え渡るカーブとスライダーでダルビッシュはチームの白星に貢献した。この日は106球を投げてストライクは61球。防御率は3.81となった。(Full-Count編集部)