球団史上ワーストタイの借金35へ舞い戻る

 日本ハムがデーゲームでソフトバンクに敗れたため、5位浮上のチャンスがあったロッテだが、12日の西武戦で今季12度目の零封を喫し、再び球団ワーストタイの「借金35」の危機に立たされた。この敗戦で今季西武戦の負け越しが決まった。

 エース涌井が粘って、7回まで金子侑のソロ1本に抑えた。だが、0-1で迎えた8回。2死一塁で1番の秋山と対戦。148キロの素晴らしい内角直球でカウント1-2と追い込みながら、4球目のフォークを右翼席へ運ばれた。

「今年(の涌井)は勝負どころでやられるケースが多い。ソロを打たれたが、その後我慢して投げてくれた。2アウトからの一発。あの辺りが今年粘り切れないところで、乗り切れない」と伊東監督。

 打線は1回の1死一、三塁、3回の1死三塁と2度の得点機にあと1本が出ず。勝負を懸けた7回1死一、二塁では、代打で登場した福浦が二ゴロ併殺打に倒れた。

 終始湿った打線に対して、指揮官は「(多和田は)いつもと違って、変化球が大分多めで、勝負所でいい球が来ていた。変化球が多めなのを見て、それを(積極的に)打ちにいっていればよかったが、捉えきれなかった」と苦言を呈した。(細野能功 / Yoshinori Hosono)