トーケルソンは大学1年時に大学記録を更新するシーズン25本塁打を放つ

 MLBドラフトは10日(日本時間11日)からスタートした。全体1位指名権を持つタイガースはアリゾナ州立大のスペンサー・トーケルソン内野手を指名した。新型コロナウイルス感染拡大を受け今年のドラフトは従来の最大40巡目から5巡目までに縮小されている。

 この日は1巡目の37選手が指名され、11日(同12日)は2巡目からの指名が行われる。なお、サイン盗みで処分を受けたアストロズは1巡目の指名権を剥奪されている。

 タイガースが全体1位で指名したトーケルソンは広角に長打が打てる強打が魅力の一塁手。大学1年時には大学記録を更新するシーズン25本塁打を放つなど2年連続で所属するカンファレンスの本塁打王に輝いている。今回のドラフトでは三塁手として指名を受けた。(Full-Count編集部)