西武はドラ1宮川、ドラ2浜屋が開幕1軍へアピールした

 新型コロナウイルスの影響で延期となっていたプロ野球は、いよいよ19日に開幕を迎える。各球団の新人選手たちにとっては開幕1軍入りへ貴重なアピールの場となる練習試合は16日に終了した。ここでは昨年ドラフトでプロ入りした選手たちの2日の1軍練習試合再開後の個人成績を紹介したい。今回はパ・リーグだ。

 リーグ3連覇を目指す西武ドラフト1位の宮川哲投手は中継ぎとして計4イニングで1安打1失点。辻監督は「十分戦力になる」と高く評価しており、“勝利の方程式”入りにも期待がかかる。同2位の浜屋将太投手も中継ぎとして4試合に登板計4イニングで4安打、2奪三振3四球でソロ本塁打による1失点に抑えた。同4位の川野涼多内野手は9日の楽天戦で代走から出場。同5位の柘植世那捕手は出場3試合は途中出場で、マスクを被るのみだった。

【西武】
1位:宮川哲投手(東芝)4登板 計4回 1安打 1失点 5奪三振 1四球
2位:浜屋将太投手(三菱日立パワーシステムズ)4登板 計4回 4安打 1失点 2奪三振 3四球
3位:松岡洸希投手(BC武蔵)登板機会なし
4位:川野涼多内野手(九州学院)1出場 打率.000(1打数0安打)1三振
5位:柘植世那捕手(ホンダ鈴鹿)3出場 打率.000(0打数0安打)
6位:井上広輝投手(日大三)登板機会なし
7位:上間永遠投手(四国IL徳島)登板機会なし
8位:岸潤一郎外野手(四国IL徳島)出場機会なし

 ソフトバンクはドラフト3位の津森宥紀投手が中継ぎとして5試合登板。計3回2/3で4失点だった。同5位の柳町達外野手は11試合出場。いずれも途中出場で9打数1安打だったが、5日の阪神戦では中堅フェンス直撃の2点三塁打を放った。オープン戦で打率.368、5盗塁とアピールしていた佐藤直樹外野手は今もリハビリ組で調整中。同2位の海野隆司捕手は2軍練習試合で復帰したばかりだ。津森、柳町は開幕1軍切符をつかめるだろうか。

【ソフトバンク】
1位:佐藤直樹外野手(JR西日本)出場機会なし
2位:海野隆司捕手(東海大)出場機会なし
3位:津森宥紀投手(東北福祉大)5登板 3回2/3 6安打 4失点 4奪三振 3四球
4位:小林珠維内野手(東海大札幌)登板機会なし
5位:柳町達外野手(慶大)11出場 打率.111(9打数1安打)2打点 3三振 1四球

 楽天はドラフト1位の小深田大翔内野手は6試合出場で2盗塁を記録。10日の西武戦では三塁打を放つなど足で大きくアピールした。同2位の黒川史陽内野手は6日のロッテ戦で途中出場し、二塁打2本の3打点。ジャクソン、益田と2打席連続で主力級から結果を出した。“コブクロ”コンビの躍動を期待したいところだ。

【楽天】
1位:小深田大翔内野手(大阪ガス)6出場 打率.200(20打数4安打)0打点 2三振 2四球 2盗塁
2位:黒川史陽内野手(智弁和歌山)1出場 打率.667(3打数2安打)3打点 
3位:津留崎大成投手(慶大)4登板 計4回1/3 0安打 無失点 4奪三振 2四球
4位:武藤敦貴外野手(都城東)出場機会なし
5位:福森耀真投手(九産大)登板機会なし
6位:滝中瞭太投手(ホンダ鈴鹿)登板機会なし
7位:水上桂捕手(明石商)出場機会なし

ロッテはドラ1佐々木朗の練習試合登板なし、ドラ2佐藤は3本塁打6打点

 ロッテはドラフト2位の佐藤都志也捕手が強烈なインパクトを残した。5日の楽天戦では1試合2本塁打をマーク。翌6日の楽天戦でも一発を放った。練習試合で記録した3安打はいずれも本塁打だったが、打てる捕手として存分にアピールした。同3位の高部瑛斗外野手は途中出場が目立ったが、5日の楽天戦では「2番・右翼」で先発出場。4打数1安打を記録した。同5位の福田光輝内野手は7試合出場。注目の黄金ルーキー・佐々木朗希投手、同4位の横山陸人投手の登板はここまでなかったが、1軍で期待できそうな選手が揃っている。

【ロッテ】
1位:佐々木朗希投手(大船渡)登板機会なし
2位:佐藤都志也捕手(東洋大)9出場 打率.188(16打数3安打)3本塁打 6打点 2三振
3位:高部瑛斗外野手(国士舘大)6試合出場 打率.333(9打数3安打)1三振
4位:横山陸人投手(専大松戸)登板機会なし
5位:福田光輝内野手(法大)7出場 打率.077(13打数1安打)0打点 3三振 2四球

 日本ハムはドラフト1位の河野竜星投手の開幕ローテ入りが期待される。3日のロッテ戦では3回3安打2失点、10日のヤクルト戦でも4回3安打1失点と試合を作った。同4位の鈴木健矢投手は3試合登板し、計3回1/3で1失点。救援陣の一角を担う存在となりたい。同7位の片岡奨人外野手は4日のロッテ戦で「1番・左翼」で先発出場した。俊足と強肩で1軍へ割って入りたいところだ。

【日本ハム】
1位:河野竜生投手(JFE西日本)2登板 計7回 6安打 3失点 8奪三振 4四球
2位:立野和明投手(東海理化)登板機会なし
3位:上野響平内野手(京都国際)登板機会なし
4位:鈴木健矢投手(JX-ENEOS)3登板 計3回1/3 1安打 1失点 3奪三振 1四球
5位:望月大希投手(創価大)登板機会なし
6位:梅林優貴捕手(広島文化学園大)1出場 打率.000(1打数0安打)0打点 1三振
7位:片岡奨人外野手(東日本国際大)1出場 打率.000(3打数0安打)0打点

 オリックスはドラフト3位の村西良太投手が9日のソフトバンク戦で3回1安打無失点と力投。変則フォームから開幕ローテ入りが期待される。ドラフト5位の勝俣翔貴内野手が11試合出場。打率.130と十分なアピールは出来なかったが、3月3日のオープン戦では12球団の新人一番乗りとなる本塁打を記録。力強い打撃は大きな魅力だ。

【オリックス】
1位:宮城大弥投手(興南)登板機会なし
2位:紅林弘太郎内野手(駿河総合)出場機会なし
3位:村西良太投手(近大)2登板 計6回 3安打 1失点 5三振 3四球 
4位:前佑囲斗投手(津田学園)登板機会なし
5位:勝俣翔貴内野手(国際武道大)11出場 打率.130(23打数3安打)1打点 11三振 4四球

 レギュラーシーズン120試合と短縮される2020年。昨年のドラフト選手から新人王は生まれるのだろうか。(Full-Count編集部)