熊本県で活動する少年野球チームまたは運営団体へ寄贈

 阪神は17日、岩貞祐太投手が今シーズンに熊本県の「野球振興」を目的とした成績連動型の社会貢献活動を行うと発表した。

 熊本県出身の岩貞は今季、1勝につき10万円の寄付、もしくは相当金額分の野球道具の寄贈を行うことになった。寄贈先は、熊本県で活動する少年野球チームまたは少年野球を運営する団体。シーズン成績に応じて、2020年12月や2021年1月のオフ期間に寄贈を行う予定。(Full-Count編集部)