中盤までに5点のリードを奪うも、終盤に猛追されて1点差で逃げ切り

 巨人の2軍は24日、ジャイアンツ球場でヤクルト2軍とイースタン・リーグ公式戦を戦い、5-4で勝利した。若林晃弘内野手が先制2ランを含む2本塁打。昨季限りで現役を引退した阿部慎之助2軍監督にとっては公式戦3試合目での初勝利となった。

 巨人2軍は初回1死一塁で若林が右中間への2ランを放って2点を先制。4回にはウレーニャが左中間へのソロ本塁打を放って1点を追加。5回にはモタがソロ、さらに6回には若林がこの日2本目の本塁打となるソロを放ってリードを広げた。

 先発したドラフト2位ルーキーの太田龍投手は7回までヤクルト打線を無失点に抑える好投。公式戦初先発で毎回のように走者を背負いながら、得点は与えず。終盤、リリーフ陣が反撃を許して1点差まで迫られたが、辛くも逃げ切って阿部2軍監督が初勝利を手にした。(Full-Count編集部)