6回3失点で今季3敗目、上林と柳田がレーザービーム送球で「救ってくれた」が…

 ソフトバンクの千賀滉大投手が一発に泣かされた。26日のロッテ戦(ヤフオクD)。今季11勝をマークしていた鷹の大黒柱が角中、ペーニャに本塁打を浴びて6回3失点。今季2戦2勝だったロッテに初黒星を喫し、今季3敗目となった。

 2回。四球で出したペーニャを一塁に置き、角中にフルカウントからの6球目、甘く入ったストレートを右翼席へと運ばれた。先制点を献上する2ランだった。4回には甘く浮いたフォークをペーニャに左翼席上段まで飛ばされるソロ。失点はこの2本塁打による3点だけだったが、今季ワーストの5つの四球を出しており、乱調は明らかだった。

「良くないなりにどうにかしたかった。ズルズルといって、調子を戻すことが出来なかった」。試合後はこう言葉を並べた千賀。5連勝中だった右腕に黒星がついたのは、6月4日のDeNA戦(横浜)以来、約2か月半ぶりだった。

 千賀自身は「全部がズレていた。どうにか出来なかった。結果だけを見れば、そう(3点)ですけど、バヤシ(上林)とギータさん(柳田)が(好返球で)救ってくれた。あれが無かったら、あそこで代わっていた」と振り返る。6回には連続四球でピンチを招いたが、角中の右前安打、福浦の中前安打で、それぞれ上林と柳田が本塁へのレーザービーム送球で走者を刺し、失点を防いでいた。

工藤監督が擁護「いけるところまでいくというのでいい」

 何が原因だったのか。「見ている限り、そんなに良く無かった。ここまで頑張ってきた投手。良くないこともあります」と右腕をかばった工藤公康監督は「抑えて投げているという感じがあった。長いイニングを投げないといけないという意識があったのかなと思って見ていました」と語り「いけるところまでいくというのでいいんだよ、と話はしたい」とした。

 ハーラートップの13勝の東浜、11勝の千賀で、最下位ロッテにまさかの連敗を喫したソフトバンク。この試合までの5試合は1、0、1、0、0失点と好投を続けていた右腕は、4失点を喫した7月1日の楽天戦(Koboパーク)以来となる3失点超となり、「しっかり状態を戻せるようにやれたらと思います」と巻き返しを誓っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)