2回の第1打席には難しいボールを左翼席に運ぶプロ初本塁打を放つ

■日本ハム 9-8 ソフトバンク(2日・札幌ドーム)

 日本ハムの野村佑希内野手が劇的なサヨナラ打を放った。2日、本拠地・札幌ドームでのソフトバンク戦。2点ビハインドの9回2死一、二塁のチャンスで打席に入ると、ソフトバンクの守護神・森唯斗投手から右中間を破るサヨナラ適時打を放った。

 激戦に終止符を打ったのは2年目の若武者だった。1点ビハインドの9回、先頭の近藤が四球、続く中田が左前安打で続く。渡辺が送りバント失敗、清宮も一ゴロに倒れたが、続く野村が守護神の森から右中間を破る劇的な一打を放ち、激戦にケリをつけた。

2回の第1打席にはバンデンハークから内角低めの真っ直ぐを捉え、左翼スタンドまで運ぶプロ初アーチ。難しい球を腕を畳んで運ぶ技ありの一発だった。この日は清宮にも今季初本塁打が飛び出し、若手の奮闘もあって点を取り合う激戦を制した。(Full-Count編集部)