寺川さんの投球は三塁側に逸れるもノーバウンドで捕手のミットへ

 新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となっていたプロ野球がついに開幕し、連日熱い闘いが繰り広げられている。試合の幕開けといえばやはり始球式。今季は当面の間、始球式が行われないが、ここでは「パーソル パ・リーグTV」でも公開されている、過去に行われた試合を彩る始球式を紹介。これを見て少しでもファンの方が楽しんでくれたら幸いだ。

 2015年6月13日、札幌ドームで行われた交流戦の日本ハム対DeNAの一戦。この試合で始球式の大役を託されたのは元競泳選手でロンドン五輪銅メダルの寺川綾さんだった。

 現在はスポーツキャスターとしても活動している寺川さん。この日はラベンダーカラーの日本ハムのユニホーム、白のパンツ姿でマウンドに上がると、見事な投球を披露してみせた。

 笑顔を浮かべながら、セットポジションに入ると、ゆったりとしたフォームでボールを投じた。大きな弧を描いたボールはやや三塁側に逸れたものの、ノーバウンドで捕手のミットに収まった。見事ノーバウンド投球となり、ファンからは大きな拍手が送られた。

 ベンチで見守っていたテレビ朝日「報道ステーション」の“先輩”となる日本ハムの栗山英樹監督も笑顔で拍手を送った1球に。この時はまだ番組に出演していなかったものの、現在であれば「熱盛」間違いなしの始球式だった。(Full-Count編集部)