2013、14、15年にオリックスの監督を務めた森脇氏「小さな積み重ねがチーム、選手を作っていく」

 プロ野球が開幕し、パ・リーグではオリックスが史上初の同一カード6連敗を喫するなど苦戦している。4日の西武戦(メットライフドーム)では吉田正尚外野手の逆転2ランで今季初の逆転勝利を手にし、守護神ディクソンが初セーブを挙げるなど好材料も見えてきた。

 ペナントを制すため、また、優勝争いする為には僅差のゲームを確実にものにすることが必要になってくる。Full-Countではダイエー、ソフトバンク、中日でコーチを務め、オリックスでは2013、14、15年に監督も歴任した森脇浩司氏に現状のチームに必要な部分を語ってもらった。

 オリックスは開幕からここまで1点差のゲームで1勝7敗。どうにもならないではなく、どうにでもなったゲームばかりと言える。リリーフ陣が踏ん張り切れない部分もあるが攻守で目に見えるミスが多く、勝てる可能性があった試合を手放している。

 まず、森脇氏は「よく一生懸命やって負けた、最善を尽くしたというが、果たしてそうだろうか。先ずその時々で個々にどういう役割があるかを知ること。同時にそれを明確に伝えること。そして、実行してもらう為に指導者はノウハウは勿論、選手に応じてのコミュニケーションスタイルを持つことが大切。強い組織にはしっかりとしたビジョンがあり、それを全員が共有して根気強く実行し成果を出してそれが伝統となる。ベンチマーク(自チーム、他チームの分析、比較等)を的確に行い、本気で向き合えば形になるまでにそう長くはかからない。小さな積み重ねがチーム、選手を作っていくものではないでしょうか」と語る。

 3番・吉田正、4番ジョーンズ、5番T-岡田、6番ロドリゲスと他球団からは脅威ともいえるラインナップだが、これが“点”であっては繋がるものも繋がらない。打撃だけではなく走塁面でも先の塁を盗む“準備”の重要性を説く。

「古い話になるが、過去にソフトバンク、オリックスに在籍したペーニャには走塁でチームを引っ張るようにと伝え、定期的にコミュニケーションを取り、チームには盗塁数ではなく、全員が当事者となって牽制球をもらう数に目標を定めた。また、以前のチームでも主力にこそ“凡事徹底”と走塁の要求を繰り返した。主力がしっかり走塁をするチームは強く、走塁の徹底が一体感を生むことは言うまでもない」

 4日の西武戦。3回の攻撃で先頭・廣澤が二ゴロ失策で出塁したが、続く小島がカウント1-0からの2球目を叩き遊ゴロ併殺に終わった。相手のミスで得たチャンスを一瞬で逃した形となったが、森脇氏が注目したのは一走・廣澤の動きだった。

ノーヒットで1点が奪える場面での打撃「脇役の選手にはいつでもセカンドゴロが打てるように」

「初球に一塁走者の擬装(スタートの構え、準備)を期待した。それによって有能な源田が逆を突かれることは考えにくいが100%ではない。先発の松本はボール先行は1-0まで。オリックスベンチは引き分け後のゲーム、また田嶋の調子も含め何が何でも先取点との気概は相当だろうしヒットエンドランで動くと見ていた。いずれにせよ、擬装によって捕手が反応してくれれば際どい球がボール判定になるかも知れない。味方に優しく、敵に嫌らしくが鉄則だ。因みに擬装が抜群に上手かったのは小久保と小笠原(日ハムヘッドコーチ)で彼らは常に勤勉だった」

 また、守備の面では4回。1死一塁で打者・山川はカウント1-2からインハイ直球を変化球マークしながらファールで逃げ、その後に高めに浮いたボールにもタイミングが合っていた。さらにその後は1死一、二塁から西武・中村に浴びた2点タイムリー二塁打ではカットプレーの連係ミスで一走・森が一気に生還。記録に表れないミスもあり無駄な1点を献上している。

「あの場面では捕手か内野手の声掛けが欲しい。結果、根負けして四球。ここでも声掛けはなく続く好調の森に初球をタイムリーされた。間取り、声掛けで全て防げるものではないが、その確率を少しでも高めようと全員が集中して動きを取るのがチームディフェンスであり、間のスポーツと言われる野球の面白いところだと思っている。T-岡田は一塁側の打球にもレフトで当然のように一球一球しっかり反応していた。守備センスもある。不利な状態ではラインを確保して低投が鉄則でもう一度トライすれば確実にこなす。早速シートノックを利用してチームとして修正する必要がある」

 4日の西武戦以外にも森脇氏は開幕からこれまでの試合の中でも気になった点があるという。

「過去の試合の中でも、無死二、三塁、2点ビハインドで内野が下がっているケースでボール球を3球振らされて三振に倒れる場面があった。理想はホームランであり、タイムリーだが相手投手との力関係を考えれば1ストライク後、少なくとも2ストライク後に右打ちの意識があればあの三振はあったのだろうか」

「ノーヒットで1点を奪い、さらに1死三塁……。細かな意識、そして準備が整っていれば得点力はさらに向上できると感じている。これはチーム方針、戦略が異なるので正論ではないが、私は日頃の打撃練習から脇役の選手にはいつでもセカンドゴロが打てるようにと要求していた。チームプレーという個人技を身に付けることは自分を守ることでもある。また、我々指導者は強い選手にすることが選手を守ることでもあり果たすべき責任なのだ」

「1つの勝利を手にすることは簡単ではない」

 ここ数年オリックスでは守りのミス、ここでもう1点が……のコメントが続いている。2014年にはソフトバンクと優勝争いを演じリーグ2位となり、大きな盛り上がりを見せただけに、森脇氏は現状のオリックスをこう分析する。

「シーズン中、試合中は如何に切り替えるかが重要だが、一方では失敗としっかり向き合うことが向上を生む。協力原理が働く組織では必ず的確な改善策が見つかり、それが良い準備に繋がるからだ。スキル習得は1か月のキャンプで到達するものではない」

 キャンプで仕上げてきたものはシーズンに入っても時間を有効に使い継続して行うことが重要。森脇氏は特に守備、走塁面にはしっかりとしたノウハウを持ち、継続すれば確実に成果が出て、正しい練習は嘘を付かないと感じている。

「今はフラットな立場でスポーツ界が盛り上がるよう応援しているが、先週の戦績を見るとオリックスのことは気になる。オリックスには優秀な選手が沢山いる。実は熱いファンも沢山いるのだ。逞しく強い選手の数が増え、チームとして戦えば必ず上位争いすると確信している」

 今のオリックスに必要な部分は至ってシンプルだ。

「試合を完結させるに必要な27個のアウトを1つ1つ確実に取ること。そして奪えるところでは確実に点を取る。1つの勝利を手にすることは簡単ではない。地味なことだが小さな積み重ねが最後はものを言うことになる」(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)