5回に登板すると最速157キロを軸にアウト3つを三振で奪う

■楽天 12-8 ソフトバンク(8日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの杉山一樹投手が、衝撃の今季初登板を遂げた。PayPayドームでの8日の楽天戦。この日1軍に昇格した右腕は5回に登板すると、自己最速タイの157キロをマークするなど、150キロ台後半を連発。アウト3つを全て三振で奪った。

 唸るような真っ直ぐが次々と投じられた。5回にマウンドに上がった杉山。その初球、いきなり156キロをマークすると、太田は154キロで見逃し三振。続く辰己は自己最速タイの157キロで2者連続の見逃し三振。小深田に四球、鈴木に安打を許したが、ブラッシュを空振り三振に仕留めて無失点に切り抜けた。

 アウト3つを全て三振で奪う圧巻のピッチング。それでも、杉山自身は「最悪ですね、全然ダメでした。真っ直ぐだけになると1軍のレベルならついてくる。そこに変化球とかを使えないと意味がないと、2軍の時からやってきたんですけど、あまりでした」と不満顔だった。

 オフには千賀や石川、そして巨人菅野らと共に自主トレを行い、その千賀が「群を抜いていた。僕も越されました」と大絶賛したのが杉山だった。その恵まれた体格から投じられるボールは威力十分。本人が言うように、まだまだ荒削りではあるものの、スケールの大きさは本物と言えるだろう。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)