2014年パイレーツ対ブルワーズ戦で元統一ヘビー級王者マイク・タイソン氏が登場

【始球式名場面番外編】
 新型コロナウイルスの影響で延期となっていたプロ野球が開幕し、連日熱い闘いが繰り広げられている。試合の幕開けといえば、やはり始球式。今季は当面の間始球式は行われないが、ここでは日本と同様に海外で行われている始球式の名場面を紹介。これを見て、ファンの方が少しでも楽しんでいただければ幸いだ。

 2014年4月18日(日本時間19日)、パイレーツ対ブルワーズ戦のマウンドに登場したのは元統一ヘビー級王者マイク・タイソン氏だった。

 いかつい風貌はそのまま、“伝説の王者”がマウンドに上がると球場は大歓声に包まれた。ノーバウンド投球で捕手のミットに収まったが米メディアが注目したのは、女子のような可愛らしい投球フォームと耳をかじる“お決まり”の仕草だった。

 MLB公式YouTube、米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」は「面白おかしい始球式を行い、そしてこのジェスチャーをした」「素晴らしい変化球を投げ顔をかじりに行く」とコメントを添え、タイソン氏の始球式動画を公開している。

 腕が縮こまった可愛らしい投球フォームにファンも「酷いフォームだな笑」「面と向かっては絶対言えないけど女の子みたいな投げ方をするね!」「彼は女の子のような投げ方だね」と大爆笑だった。(Full-Count編集部)