大谷は「3番・DH」、筒香は「3番・三塁」でスタメン、秋山は代打で登場

 エンゼルスの大谷翔平投手、レッズの秋山翔吾外野手、レイズの筒香嘉智外野手が24日(日本時間25日)、メジャーリーグの開幕戦に揃って出場し全員が安打を放つ活躍を見せた。

 筒香は本拠地ブルージェイズ戦に「3番・三塁」でスタメン出場すると、5回の第3打席でメジャー初安打初本塁打となる1号2ランを左中間スタンドへ。デビュー戦は5打数1安打1本塁打2打点、チームは4-6で敗戦した。

 また、日本人野手が開幕デビュー戦でアーチを放つのは2008年の福留孝介外野手(カブス)以来、12年ぶり。デビュー戦での本塁打は2004年の松井稼頭央内野手(メッツ)、2006年の城島健司捕手(マリナーズ)、2008年福留孝介外野手、2016年前田健太投手(ドジャース)に続いて5人目となり、開幕戦での初安打初本塁打は2004年松井稼頭央(メッツ)以来16年ぶりだった。デビュー戦は5打数1安打1本塁打2打点、チームは4-6で敗戦した。

 秋山は本拠地タイガース戦でベンチスタートながら、4-1で迎えた6回2死一、二塁で代打で登場。中前タイムリーを放ちメジャー初打席初安打初打点をマーク。8回守備ではカストロの左越えへの飛球をフェンスにぶつかりながら好捕するなど攻守で活躍。デビュー戦は2打数1安打1打点、チームも7-1で勝利した。

 二刀流復活のシーズンとなった大谷は敵地でのアスレチックス戦に「3番・DH」でスタメン出場。初回1死一塁で迎えた第1打席で剛腕モンタスの96マイル(約154キロ)のツーシームをバットを折りながらもライナーで弾き返し中前打をマーク。この日は5打数1安打、チームは10回、今季適用の延長タイブレークの末3-7で敗戦した。(Full-Count編集部)