予期せぬイレギュラーがイケメンの顔に直撃、そのあとボールは…

■西武 4-2 ロッテ(26日・メットライフ)

 ロッテの中村奨吾内野手が体を張った?プレーにファンからは驚きと心配の声があがっている。26日の西武戦(メットライフ)の二塁の守備でそれは起きた。2回無死一塁、西武・外崎の放った打球を処理しようとすると、ボールはイレギュラー。大きく弾み、中村奨の顔面に直撃した。転がったボールはそのまま絶妙な位置に転がった。

 予期せぬバウンドに中村奨は顔をしかめた。併殺コースが崩れるかと思いきや、ボールはまるで“トス”したかのように二塁ベースで待っていた遊撃・茶谷のもとに。茶谷が捕球して、ベースを踏んで、一塁へ転送した。打者走者はセーフとなったが、この見事なまでの“顔面トス”を「パーソル パ・リーグTV」はYouTubeで公開するとファンも反応を示した。

 動画では『千葉ロッテの中村奨吾が顔面トスでアウトを奪う新たなプレーを展開。不運でもあり、幸運でもあります。幸運、それはゴロで得た痛み』と紹介。これにファンは「イレギュラーがひどずぎる」「これは痛い」予想外のプレー過ぎて実況声が裏返ってる」「痛いはずなのに平然としている」などと中村奨を心配する声が多数寄せられていた。(Full-Count編集部)