15年オフにはソフトバンクからの育成オファーを断る「そのころは僕も若かった」

“山陰のジャイアン”と呼ばれ甲子園を沸かせ、プロ野球ではソフトバンク、DeNAで計7年間プレーした白根尚貴氏。現在は独立リーグ四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツで野手コーチとして、NPBを目指す若手たちを指導している。

 白根氏は島根・開星高校時代に、エースとして春夏の甲子園に出場。2011年にドラフト4位でソフトバンクに入団しプロでは打力を活かすために内野手に転向。しかし、入団1年目のキャンプ前に右ひじの異状を訴え、2月にトミー・ジョン手術を受ける。その後も右肩の亜脱臼をするなど故障が続き2015年からは育成選手。2016年も育成契約のオファーを受けたが、これを断り12球団合同トライアウトを経て2016年からDeNAでプレーし2019年から同チームで野手コーチを務めている。

 白根氏のプロ人生、そしてなぜ独立リーグでコーチを続けるのか――。Full-Countの単独インタビューに応じた。(前編)

――2015年オフにソフトバンクの育成契約を断り、12球団トライアウトを受けた

「2015年は『怪我なく1年出来たら来年は支配下登録ね』という話でした。でもそのオフには『来年も育成で』ということで……。チームにもいろいろ事情もあったのですが、そのころは僕も若かったので『退団します、トライアウトに行かせてください、それでどこも獲ってくれなかったらそれでもいいです』と。ソフトバンクも僕のことをいろいろ考えてくださっていたので、申し訳なかったですが、自分の意見を通しました。でも最後は円満な形で退団できました」

――トライアウトの前後には、他球団からも声が?

「DeNA以外の球団から連絡がありました。トライアウトの直後には、また別の球団から声がかかりました。でもその球団は『人数の兼ね合いで育成でなら』という話でした。育成契約を断ってトライアウトを受けたわけですから、また育成契約では意味がありません。DeNAさんが支配下枠では最初にオファーをくださったので、入団することにしました」

ソフトバンク、DeNAを経験し「若い頃は“質より量”が大事な時がある」

――ソフトバンクとDeNA、セ・リーグとパ・リーグの違いは?

「どちらのチームも一長一短があります。ソフトバンクは、3軍でも年間100試合くらいしますし、施設も整備されていて、24時間練習できる環境も用意してくれます。1軍に上がれないというだけで、力をつけるには理想的な環境でした。また、DeNAとソフトバンクでは、選手とコーチのコミュニケーションの取り方が違いました。ソフトバンクでは、育成選手は、コーチから言われたことは有無を言わさずやらなければならない。『1000回バットを振れ』と言われたら、振らなければなりません。

 DeNAには、支配下選手で入団しましたから、練習量はソフトバンクほど多くはありません。またコーチが『どういうバッターになりたいのか』をヒヤリングして、アドバイスをしてくれました。自分が納得できる練習内容を、納得できるまでやることができるのがDeNAでしたね。今から思うと、若い頃は上から押さえつけてでも練習をやらせないと、つくべき力が付きません。“質より量”が大事な時があるんですね。量がこなせるようになってから、質の追及になっていくのがいい。そういう意味で、ソフトバンクとDeNAの両方で指導を受けることができたのは幸いでしたね」

――そしてDeNAで1軍昇格、プロ初安打に初ホームランも記録した

「1軍に上がれる保障はなかったですが、2軍で頑張って何とか昇格することができました。1軍公式戦初出場は、今、僕が在籍している愛媛マンダリンパイレーツの本拠地である坊っちゃんスタジアム(松山中央公園野球場)でした。また2年目にはホームランを打つこともできました。勢いに任せてやってきた部分もありましたが、自分の信念に任せて行動してよかったなという思いがありました」

――2018年オフにDeNAを戦力外、なぜ独立リーグでコーチを?

「もう一度現役生活を送ることを模索しましたが、それに並行して指導者の話もいただきました。また野球以外の話もいただきました。現場の選手と一緒にいると、まだできるという気持ちが起こりましたが、長いスパンで考えれば、野球界にずっと関わっていくには、指導者になるほうがいいと思いました。NPBの指導者になるのは簡単ではないですが、経験を積んでいけばそれも可能になるのではないかと思います」

 厳しいプロの世界で支配下から育成、そして支配下に這い上がり1軍でホームランも記録。現役としては一区切りをつけたが、“第2の人生”も野球を選んだ白根氏。後編では指導者として過ごす“今”を語っている。(広尾晃 / Koh Hiroo)