第1打席から2打席連続ヒット、先制ホーム踏む

 メッツの青木宣親外野手が23日(日本時間24日)の本拠地ナショナルズ戦で9月6度目のマルチ安打を放った。メッツ移籍後、これで19試合中18試合で出塁。新天地で強烈な輝きを放っている。

 青木のバットが止まらない。前日の同カードで3安打2打点と活躍していた35歳はこの日、「1番・右翼」でスタメン出場すると、初回の第1打席で相手先発右腕ストラスバーグからレフトへヒットを放つと、3回先頭で迎えた第2打席もセンターへ2打席連続のヒットをマーク。その後、1死一、二塁から二モーの二塁打で先制のホームを踏むなど、この回3得点の起点となった。

 青木はこれでメッツに移籍した9月以降、6度目のマルチ安打を記録。19試合の出場で出塁しなかったのは20日(同21日)マーリンズ戦の1試合のみと、存在感を放っている。青木は5回を終えた時点で3打数2安打。試合は3-3の同点となっている。(Full-Count編集部)