上原浩治の通訳・松本氏に地元紙がスポットライト「彼が行く場所ならどこでも…」

 体調不良で9月2日(日本時間3日)のブレーブス戦を最後に公式戦のマウンドから遠ざかっているカブスの上原浩治投手。自身のブログでは、今月20日に「下半身の腫れや痛みは引いたのに、今度は腰付近、脇腹付近……(涙) もう、一体どうなってんねん俺の身体」と苦しい胸を内を明かし、「どうにかして、プレーオフのどこかで試合に投げれるようにしたいけど…」と綴っていた。

 そして、「まだ前向きになるには時間がかかりそうだけど、いまやれることをやる。自分のために動いてくれてる人がいるんだし、そういう人に感謝しないと」とも記したが、上原をまさに間近で支え続けているのが、松本重誠氏だ。レッドソックス時代からベテラン右腕の通訳を務めている同氏に、地元紙「シカゴ・トリビューン」がスポットライトをあてている。

 レッドソックス時代には、上原と田澤の通訳を務めていた松本氏。記事では、2人の右腕と出会うまでの経緯について、記している。

 松本氏はオーストラリア在住時に英語を学び、帰国後はNPBで助っ人選手の通訳を務めることを目標にしていたという。ただ、その目標は叶わずに渡米。ジャーナリズムなどを学んだ後、スポーツ記事執筆の仕事にも就いたが、いったん日本に帰国した。それでも、斎藤隆氏が2012年にダイヤモンドバックスに入団した際、通訳を務めることになって再び渡米。負傷などで16試合の登板にとどまった斎藤氏がこの年限りで日本に帰国したため、今度は松本氏にレッドソックスからの打診が届いたという。

「レッドソックスから打診があった際、マツモトは日本に戻るべきか分からなかった。ダイスケ・マツザカと彼の通訳は球団を去っていくところだった。しかし球団にはまだ、ジュンイチ・タザワとウエハラがいた。それ以降、彼はウエハラのもとを去っていない」

「私の夢は通訳になることでした」

 運命的な出会いだったと言えるかもしれない。上原は2013年、レッドソックスへの加入1年目でシーズン途中からクローザーを任されると、獅子奮迅の活躍でワールドシリーズ制覇に貢献。その投球は、ボストンではもはや伝説となっている。今年からカブスに移籍したが、4月にフェンウェイパークに初めて凱旋したときには、レッドソックスファンから大きな拍手で迎えられた。このボストンでの日々を松本氏が支えてきた。

「多くの通訳を知っています。彼らは別の何かになりたいんです。ステップアップして、日本でスカウトやGMを目指しているんだと思います。僕にはこういった野心はありません。(上原は)おそらく、扱いやすい奴だと思っていのではないでしょうか。私の夢は通訳になることでしたからね」

 今まさに、「夢」だと思える仕事についていると同紙に明かしている松本氏。「通訳の仕事は本当に不安定なんです。私ほど運に恵まれない人もいます。私は恵まれていると思うんです。この仕事を始めたときと同じくらい、今も楽しんでいます」。記事では、こう胸中を明かした上で、2013年の経験について「マウンド上で勝利を祝っていた時、夢のように思えました。今振り返っても、そんな気持ちなるんです」と振り返っている。

 特集の冒頭では、上原が「彼は解雇にされる思うよ」と松本氏の通訳を通じて取材にジョークを交えて答え、松本氏本人が「彼が行く場所ならどこでも、僕も行きます」と話していることも紹介している。まさに絶大な信頼関係で結ばれる2人。再び栄光をつかむため、戦いは続く。(Full-Count編集部)