打者専念の今季へ「切り替えてやりたい」

 エンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地のマリナーズ戦前に会見に応じた。来季の二刀流継続へ意欲を見せた。「野手をやれと言われたらやりますし、投手をやれと言われたらやりますけど、もちちん可能性があればやりたい」と意気込みを示した。

 2日(同3日)の本拠地アストロズ戦後に右屈曲回内筋群の損傷と診断された。投球再開まで4〜6週間。前日4日(同5日)にマドン監督は今季中に投手復帰させる予定はないことを明言した。右腕の違和感は開幕前の登板から感じていたという。「初戦で投げた感じもそこまで良くなかった。切り替えてやりたいなと思います。初戦から100%ではなかった」と明かした。

 2年ぶりの投手復帰が期待された今季は2試合登板、0勝1敗、防御率37.80。「とりあえずシーズンが終わってないので、このまま頑張りたいと思いますし、来年の頭から投げられるように頑張りたいなと思います」と打者専念する残り試合へ意気込んだ。

 主な一問一答は以下の通り。

――今季は投手として復帰しない。
「初戦に投げた感じもそこまで良くなかったです。切り替えてやりたいと思います」

――初めて右腕に違和感を感じたのは。
「1戦目から100%ではなかったですし、それが術後の感じなのか自分では分からないので。今回はMRIをとって出ましたけど、いつからなのかは分かっていない」

――打撃への影響は。
「打撃は特にないかなと思います」

――打線に戻って打てる状態か。
「使ってもらえるなら」

「来年の頭から投げられるように頑張りたい」

――やはり2登板目はフィジカル面で問題があったか。
「楽しむも何も、楽しむためにはしっかり自分のパフォーマンスに出せる状態というのが一番なんじゃないかなと思います。その準備が足りないのかなと思います」

――2年連続で投手ができない。ストレスはあるか。
「打撃はあるので、そこで頑張りたい気持ちはありますけど。自分の感覚的に今年は前のようにビシビシ、何イニングも投げる感じではなかったので。そんな感じかなと思います」

――二刀流続けるのは大事か。
「野手をやれと言われたらやりますし、投手をやれと言われたらやりますけど、もちちんどちらもできるのではあれば。その可能性があればやりたいなと思っています」

――来季へ向けてオフの過ごし方は。
「とりあえずシーズンが終わってないので、このまま頑張りたいと思いますし、オフもやることは変わらない。来年の頭から投げられるように頑張りたいなと思います」

――今回の故障で投手を諦める気持ちはあったか。
「去年の感じとも違いますし、長引く感じはないのかなと思うので、リハビリの過程での炎症なのかなと思っています」

右前腕の痛みは「当然といえば当然と思っていた」

――日本のチームメートやファンからの反応は。
「日本の携帯は持ってきてないので。今はアメリカの携帯しかないですけど……」

――日本での人気は変わらないか。
「日本も大変なので。元々、そんなに人気ないですよ」

――前回登板の2回を投げている時に痛みは。
「リハビリの段階で張りは感じるものと思っていた。それが炎症なのかどうなのかはMRIを取ってみないとわからない。最初から痛みゼロで100マイルを投げるわけではないと思っているので。当然といえば当然と思っています」

――最後の打者は球速が落ちていた。違和感があったのか。
「張りはありましたね。ただ、97マイルとか出ている段階でもそんなに腕は振れてないなという感じはあったので。感覚的には97マイルでも90マイルでも感じ的にはあんまり変わらなかった」

――日本時代から二刀流への気持ちは変わらないか。
「可能性があればやりたいと思っています。それを含めて毎日使ってもらったので。まずは投げられるように、もう1回頑張りたいなと思います」(Full-Count編集部)