「当たってる、当たってる、当たってる」貴重な出塁でチームの勝利に貢献

■日本ハム 3-2 西武(7日・札幌ドーム) 

 日本ハム・杉谷拳士内野手が“貫禄”の死球でチームの勝利に貢献した。1点リードの6回1死三塁。西武先発・ニールの内角球が体付近に。上手くよけようとしたが、左ヒジをわずかにかすめた。

 すると、ここから杉谷ワールド全開。「当たってる、当たってる、当たってる」と大声でアピール。まるでマイクが拾ったかのような声が響き、スタンドのファンもにっこり。球審が死球と判定するとファンやベンチからは拍手が起きた。

 猛アピールが実り、チャンスを広げると、続く近藤の適時二塁打で生還。貴重な得点につながった。「パーソル パ・リーグTV」のYouTubeでこの様子を紹介。ファンからは「この死球が大きかった」「ほんまに当たり方がプロ」「本人はめっちゃ真面目なんだけどなぁ、ごめんなさい笑ってしまいます笑」「スタンドからもハッキリ聞こえました」というコメントから、「達川光男の後継者」とかつてカープの名捕手で監督を務めた達川氏を彷彿とさせるプレーでファンを喜ばせていた。(Full-Count編集部)