藪氏が大絶賛する新庄氏「足は速いし、肩は強いし、バットに当たればボールは飛ぶし」

 元阪神エースの藪恵壹氏は、17年間の現役生活の中でNPB、MLB、メキシコと3つの国で野球をプレーし、数多くのチームメートと出会ってきた。個性豊かな面々ばかりだったというが、1994年にプロの門を叩き、11年を過ごした阪神で最も強烈なインパクトを残したチームメートは誰だったのだろうか。

「それはもちろん、新庄(剛志)くんでしょう。凄いですよ、彼は。身体能力は半端なかった。足は速いし、肩は強いし、バットに当たればボールは飛ぶし。持っている能力としては、本当はイチローくらいの成績を残していてもおかしくないですよ」

 藪氏は新庄氏より3学年年上だが、東京経済大、朝日生命を経て、1993年ドラフト1位で入団。1989年ドラフト5位で入団した新庄氏は、プロ野球界では先輩に当たる。1992年には亀山努氏との“亀新コンビ”で大ブレイク。2000年オフに米メッツに移籍するまで、藪氏とは7年チームメートだった。

「ちょうど弱い時代だったから、新庄もかわいそうだった。僕が入団した94年は、まだなんとなく亀新フィーバーの余波があって4位。130試合で62勝だったんですよ。でも、翌年から6位、6位、5位、6位、6位、6位。一緒にプレーした7年は6位の割合が多くてね」

 この7年間で、監督は中村勝広氏、藤田平氏、吉田義男氏、野村克也氏の4人が務めるなど、チーム状態は安定せず。沈む阪神ファンを楽しませてくれたのが、プレーはもちろん普段の行動から話題に事欠かない、華のある新庄氏だった。

「夜の街に遊びに行く時も、クソ暑い夏にニット帽を被って、夜なのにサングラスして行ったり(笑)。オフの契約更改の時は毎年必ず車を変えて、スポーツカーで乗り付けるのが定番になっていましたね。そのうち戦車に乗ってくるんじゃないかって言ってましたよ(笑)。一時期、ランボルギーニのカウンタックに乗っていた時、新庄が『クラッチが重くて腰が痛くなるんです』って言うんですよ。さらに『伊丹空港まで一往復したらガソリンが空になっちゃうんです』って。もう乗るの止めろよってね(笑)。腰は痛くなるし、燃費は悪いし、車にガソリン積んでおかないとダメだろって」

 ただ、こういった行動もファンの目を意識してのものだったのではないか、と藪氏は言う。誰もが驚いた2000年オフのメッツ移籍について、こう振り返る。

「新庄の思考は独特で、考えていることが想像つかない。でも、あの移籍は狙っていたと思いますよ。阪神ファンを常に意識していた部分があって『これやったらファンをアッと驚かせることはできますかね?』みたいなことは、いつも言っていましたから。その究極の形が、メジャーに行って活躍することだったんじゃないですかね」

48歳にして現役復帰に挑戦「新庄だったらできそうな気も、どこかでしている」

 1999年の巨人戦で新庄氏が敬遠球をサヨナラヒットにした話は有名だが、その他にも記憶に残るプレーは数々あった。「僕の投げた試合でも結構やってくれてるんですよ」と、藪氏は豪快に笑いながら回顧する。

「1995年に横浜スタジアムで佐々木(主浩)さんから新庄がカーンってホームラン性の当たりを打ったんだけど、それを新庄の応援旗を持ったファンが旗で包んじゃって二塁打になっちゃった。あれも僕の試合。あと、1997年に甲子園で吉村禎章さんが打ったセンター前に落ちそうなフライを、スライディングしてキャッチするのかと思ったら、おでこに当てて二塁打にしたし(笑)。僕の後に伊藤敦規さんが投げた試合で、勝ったからよかったけど。

 他にも、甲子園で高橋由伸が打った球を、ワンホップして捕ろうとしたら、打球をスルーしちゃって二塁打にしたこともありました。あの後、なんて言うのかなって思ったら『むっちゃ高く上がりましたよ。ボールが落ちてこないんです』だって(笑)。いやいや、お前が迎えにいってスルーしたんだって」

 そんな新庄氏は現在、プロ野球での現役復帰を目標に掲げ、トレーニングに励んでいる。現在48歳。最後にNPBでプレーしてから、14年が経っている。夢のある話だと見る人もいれば、バカなことを言うと見る人もいるが……。

「新庄だったらできそうな気も、どこかでしているんですよね。アイツなら。僕もYouTubeで何度か動画を見ましたが、ボールもまだ投げられそうだし、何より足が衰えていない。問題は獲ってくれるチームがあるかどうか。48歳で復帰した野手なんていませんよね。実際可能かどうかは別として、そこまでやろうとしているのが凄い。復帰できたとしてもシーズンを通じて継続することは難しいだろうけど、見てみたいですよね」

 藪氏に強烈なインパクトを残した阪神時代のチームメートは、20数年が経った今でも変わらぬ存在であり続けているようだ。(佐藤直子 / Naoko Sato)