試合前には柳田が声出し「今日は久々に先発する武田の名言を調べてきました!」

■ソフトバンク 9-1 日本ハム(28日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは28日、本拠地での日本ハム戦を9-1で勝利した。初回に打者一巡の猛攻を見せるなど一挙5点を挙げ先発・金子をKOした。そんな中、強打の中で鮮やかに決めた甲斐のスクイズが話題となっている。

 豪快な一発、タイムリー、そして小技と初回の攻撃で試合は決まった。1点を先制された直後。周東、中村晃の連打で無死一、三塁の好機を作ると柳田の内野ゴロで同点。さらにグラシアルの適時二塁打、栗原の10号2ランが飛び出す“お祭りムード”。

 攻撃の手を緩めないホークスはさらに連打で1死二、三塁の好機で甲斐がスクイズを決め5点を奪った。三塁走者の松田宣は雄叫びを挙げながらスライディングし生還。ベンチに戻ると「武田もっと笑えやぁ! 笑えやぁ! もっと笑え!」と絶叫しチームを鼓舞した。

 試合前の声だしでは柳田が「今日は久々に先発する武田の名言を調べてきました!『笑顔。笑う角には福来たる』今日は武田を笑顔にすることをテーマにやっていきましょう。点をたくさん取ればあいつも自然と笑うはず!」と、今季初登板の武田を和ます言葉をかけていた。

 武田に笑顔を届けるため“絶叫”した松田宣の姿を「パーソル パ・リーグTV」も「【笑顔や!】甲斐拓也『絶妙スクイズ』決まった!」とのタイトルで動画を公開。これにはファンも「相変わらずいいキャラ」「マッチがマッチらしくなってきた!」「アツアツ走塁!」と絶賛の声を上げていた。(Full-Count編集部)