ソフトバンクはオリックスに続き2カード連続で3連勝

■ソフトバンク 8-5 日本ハム(30日・PayPayドーム)

 ソフトバンクが30日、本拠地PayPayドームで日本ハムと対戦し、8-5で逆転勝ちし、今季12球団で最長タイとなる8連勝を飾った。初回にいきなり4点を先制されたものの、柳田の20号2ラン、中村晃の4号2ランなどで逆転。2カード連続の3連勝で貯金は今季最多の14となり、敗れたロッテとの差は3ゲームに開いた。

 初回、先発の石川が日本ハム打線につかまり、いきなり4点を奪われる苦しい展開となったが、打線がひっくり返した。その裏、柳田がライナーで左翼席に届かせる20号2ランを放つなど3点を奪い1点差。再び2点差となった3回にグラシアルの適時打、栗原の犠飛で追いついた。

 4回には中村晃が4号2ランを放ってついに勝ち越しに成功。さらに5回にはグラシアルが2号ソロを放ってリードを広げた。先発の石川は4回5失点でKOとなったが、2番手の高橋礼から嘉弥真、泉、モイネロと繋いで、最後は森が締めて逃げ切った。

 日本ハムは痛恨の3連敗。初回に西川の適時二塁打や押し出し死球、清水の適時打などで一気に4点を先制したが、先発のバーヘイゲンがソフトバンク打線を止められず。4回途中6失点で逆転を許すと、福田、堀も1点ずつ失って敗れた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)