この日は「ジャッキー・ロビンソン・デー」で全選手が「42」でプレー

■エンゼルス 3-2 マリナーズ(日本時間29日・ロサンゼルス)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地エンゼルスタジアムで行われたマリナーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場し、3打数1安打だった。第2打席で右翼線への二塁打を放ち、2試合連続安打。エンゼルスは3-2で勝利して2連勝となった。

 マリナーズの先発は大谷にとっては初対戦となる左腕マーゲビチウス。第1打席は高めの真っ直ぐに空振り三振に倒れたものの、第2打席で右翼線への痛烈な二塁打を放った。第3打席は四球を選ぶと、今季5個目の盗塁を決めた。プホルスの適時二塁打で同点のホームを踏むと、アップトンの適時打でエンゼルスは試合をひっくり返した。

 7回1死一、二塁で迎えた第4打席では右腕ラミレスの前に見逃し三振に倒れ、大谷はこの日3打数1安打1四球だった。この日は「ジャッキー・ロビンソンデー」として開催され、選手は全員、背番号「42」でプレー。大谷はメジャー移籍後3年目で初の出場となり「42」で初めてプレーした。今季の大谷は25試合に打者として出場して96打数18安打5本塁打16打点、打率.188となった。(Full-Count編集部)