菅野は開幕9連勝を達成、救援の中川も抜群の安定感でチームに貢献

 新型コロナウイルスの感染拡大により、約3か月遅れて開幕を迎えた2020年のプロ野球。開幕から約1か月半が経過して各球団が60試合超(巨人のみ59試合)を消化した。ちょうどシーズンの折り返しが過ぎて、120試合制で行われるシーズンの前半戦が終了した。

 ここまではセ・リーグが2年連続のリーグ制覇を狙う巨人が、パ・リーグは3年ぶりのリーグ優勝を目指すソフトバンクが単独首位に立つ。では、前半戦で活躍が目だった選手は誰だっただろう? Full-Count編集部では、前半戦のベストナインとMVPを独自に選出してみた。こちらはセ・リーグ。

【セ前半戦ベストナイン】
先発 菅野智之(巨人)
救援 中川皓太(巨人)
捕手 大城卓三(巨人)
一塁 村上宗隆(ヤクルト)
二塁 ソト(DeNA)
三塁 岡本和真(巨人)
遊撃 エスコバー(ヤクルト)
左翼 佐野恵太(DeNA)
中堅 西川龍馬(広島)
右翼 鈴木誠也(広島)

 59試合を終えて35勝21敗3分、2位のDeNAに5.5ゲーム差をつける巨人。エースの菅野は開幕9連勝、3完封前と圧倒的な成績を残す。リリーフの中川は、デラロサ不在時に代役で抑えを任され、ここまで22試合で1勝1敗5セーブ8ホールド、防御率0.81と抜群の安定感を誇っている。

 前半戦は坂本や丸が不調だった中で4番の岡本がチームを牽引。打率は.265と高くないが、18本塁打と50打点はリーグトップで2冠王だ。捕手の大城は炭谷らとの併用で打席数は多くないが、打率.290、5本塁打とバッティングでもチームに貢献している。

ヤクルトの村上はリーグトップの打率.341をマークし成長ぶりを示す

 セ・リーグの中でも際立つ成績を残しているのがヤクルトの村上。ここまで首位打者の打率.341をマークし、47打点は岡本に続くリーグ2位に位置している。ヤクルトでは新助っ人のエスコバーが.288とまずまずの成績。巨人の坂本が苦しむ中で遊撃手ではリーグナンバーワンの成績を残している。

 2位のDeNAでは今季から4番を任される佐野が奮闘。ここまで村上に次ぐリーグ2位の打率.339をマーク。開幕後はしばらく本塁打なしが続いたが、前半戦だけで自身初となる2桁本塁打を放っている。2年連続本塁打王のソトはまだ本来の姿ではないものの、打率.280、9本塁打36打点はまずまずの成績か。

 5位に沈む広島だが、西川、鈴木、そして堂林の3人が奮闘している。西川はリーグ3位の打率.318をマークし、鈴木はリーグ5位の打率.312、同2位の14本塁打、同7位の40打点と各部門の上位に位置する。村上、岡本とポジションが被るためベストナインには入らなかったものの、堂林がリーグ4位の打率.316、同5位の12本塁打と結果を残した。

【セ・リーグ前半戦MVP】
投手:菅野智之
野手:村上宗隆

 セ・リーグで前半戦MVPをあげるとすれば、投手は文句なしで菅野だろう。いまだ負けなしの9勝で防御率も1.61と圧巻の成績だ。野手は村上か。チームは最下位に転落してしまったが、ここまでの打撃成績は特筆もの。昨季は.231だった打率が.341にまで上昇し、その成長ぶりを示す成績となっている。このまま彼らが活躍するか。後半戦も目が離せない。(Full-Count編集部)