楽天に競り勝ち日本シリーズ進出を果たしたホークス

 パ・リーグのCSファイナルステージは、勝率1位のソフトバンクが3位の楽天を4勝2敗(アドバンテージ1勝含む)で下し、日本シリーズに駒を進めた。連敗からスタートしたソフトバンクだが、徐々に地力の差をみせつけた。その勝因を投打別にみていこう。

 打線に関しては、レギュラーシーズンの実績にこだわらず、「今使える選手」を積極的に使ったことが、成功した。

〇CSファイナルステージの個人打撃成績

中村晃 5試19打7安1本3点 打率.368 
内川聖一 5試18打7安4本7点 打率.389 
松田宣浩 5試18打5安1本5点 打率.278 
今宮健太 5試19打4安1本1点 打率.211 
長谷川勇也 5試10打4安0本1点 打率.400 
デスパイネ 5試17打3安1本2点 打率.176 
明石健志 4試12打2安0本0点 打率.167 
高谷裕亮 4試7打2安0本1点 打率.286 
城所龍磨 3試6打2安0本0点 打率.333 
柳田悠岐 1試4打2安本1点 打率.500 
福田秀平 4試3打1安0本0点 打率.333 
甲斐拓也 2試4打1安0本0点 打率.25 
川島慶三 2試4打1安0本0点 打率.25 
吉村裕基 2試2打0安0本0点 打率.000 
上林誠知 2試5打0安0本0点 打率.000 
本多雄一 2試4打0安0本0点 打率.000 
江川智晃 1試1打0安0本0点 打率.000 
鶴岡慎也 1試1打0安0本0点 打率.000 

 内川聖一は今季、故障のため73試合しか出場していないが、このシリーズ前の時点で、CS歴代2位の91打数33安打、打率.363を記録している。使えるならば絶対に外せない選手だった。その結果4試合連続ホームランのCS記録の活躍、シリーズのMVPも獲得した。

 1、2戦は中堅は、シーズン中レギュラーだった上林を使ったが、打てないとみると3戦目からスパッと代えて、今季無安打の城所を使い、第3戦では二塁打2本の活躍。さらに今季わずか8安打の長谷川勇也も3戦目から先発出場させ、10打数4安打と結果を出させている。

 シーズンの正選手でも、打てなければどんどん代えるという工藤監督の方針が、選手を発奮させたという一面もあっただろう。

 なお、このシリーズは「つなぐ野球」の戦いだった。楽天は11犠打、ソフトバンクも10犠打を記録、これが得点経過に大きな影響を与えた。城所は、出場した3試合で全て犠打を成功させている。目立たないが、2二塁打も含め、この選手が、シリーズのキーマンの一人だったと言えよう。

驚異的な投球を見せた救援陣

 投手陣を見ていこう。

〇先発投手

第1戦 東浜巨 0勝1敗 5.2回 自責点3 防御率4.76
第2戦 千賀滉大 0勝1敗 6.1回 自責点1 防御率1.42
第3戦 和田毅 0勝0敗 5回 自責点5 防御率9.00
第4戦 バンデンハーク 0勝0敗 4.2回 自責点2 防御率3.86
第5戦 武田翔太 1勝0敗 7回 自責点0 防御率0.00

 先発投手は優秀とは言えなかった。QS(先発で6回以上投げて自責点3以下)をクリアしたのは第2戦の千賀と第5戦の武田だけ。最多勝の東浜や、ベテランの和田も先発の責任を果たせなかった。

 こうした先発投手陣を完璧にフォローしたのが救援陣だ。

〇救援投手

岩嵜翔 4試1勝0敗0S0H4回 自責点0 防御率0.00
モイネロ 3試0勝0敗0S1H3.1回 自責点0 防御率0.00
森唯斗 4試0勝0敗0S1H2.2回 自責点0 防御率0.00
石川柊太 3試1勝0敗0S1H2.1回 自責点0 防御率0.00
嘉弥真新也 3試0勝0敗0S1H1回 自責点0 防御率0.00
サファテ 3試0勝0敗2S0H3回 自責点0 防御率0.00

 なんと、6人の投手がのべ20試合投げて、自責点は0、完璧な救援を果たした。中盤以降、1点でもリードすれば、あとは「勝利の方程式」が完全に機能したのだ。

 先発投手陣が28.2回で1勝2敗、防御率3.45に対し、救援陣は16.1回で2勝0敗2セーブ4ホールド。楽天が新鋭宋家豪が打ち込まれ「勝利の方程式」が破たんしたのと対照的に、ソフトバンクはこの完璧な救援陣でチームを勝利に導いた。

 こうしてみると、ソフトバンクは「脇役」の活躍で勝ち抜いたことがわかる。こうした選手をうまく起用し、力を出させた工藤公康監督の、采配の勝利という部分も大きいだろう。(広尾晃 / Koh Hiroo)