鷹・東浜のカーブを弾丸ライナーで左翼席へ「強打者スラッガーにしか見えない」

■ソフトバンク 9-2 楽天(10日・楽天生命パーク)

 楽天・岩見雅紀外野手が10日、本拠地・楽天生命パークでのソフトバンク戦で嬉しいプロ初安打、初本塁打をマーク。弾丸ライナーの豪快なプロ1号だった。

 両軍無得点の3回、先頭で打席に入った岩見は、ソフトバンクの先発・東浜の初球のカーブを迷いなく強振。打球は一直線に左翼スタンドに向かい、あっという間に突き刺さった。

 比叡山高(滋賀)で通算47本塁打を放った岩見。慶大ではリーグ史上最多となる年間12本塁打をマークし、通算本塁打数は高橋由伸、田淵幸一に次ぐ歴代3位と輝かしい成績を残した。187センチ、108キロと規格外の体格を持ち、将来の主砲候補として期待され、2018年にドラフト2位で入団。昨季は2軍で結果が残せずに1軍出場なしに終わったが、今季は2軍戦で35試合に出場して7本塁打、打率.325。覚醒気配を漂わせ、8日に1軍登録されていた。

 待ちに待った主砲候補の1発に「パーソル パ・リーグTV」は「【和製大砲】岩見雅紀『プロ初ヒットが初ホームラン』」と題して動画を公開。ファンは「和製ロメロさんになってほしいなぁ」「ロメロに似てる」「最初、新外国人かと思ったわ」と助っ人に姿を重ねて歓喜。風格ある姿に「顎ひげとフォームとスイングからしてもう、強打者スラッガーにしか見えないwww」と覚醒を確信する声も多かった。(Full-Count編集部)