最強ブルペンが崩れて敗戦も…前田は1回1/3を1安打無失点に抑える快投

 ドジャースの前田健太投手は25日(日本時間26日)、本拠地で行われたアストロズとのワールドシリーズ第2戦で5回から2番手で登板。ここまでポストシーズン(PS)5試合に登板し、5イニングで無安打無四球無失点のパーフェクトピッチングを続けていたが、6回先頭打者にポストシーズン初ヒットを浴びた。それでも、1回1/3を1安打無失点に抑える快投。ドジャースは、最強守護神ジャンセンが9回に同点弾を浴びるなど、ワールドシリーズ新記録となる両軍計8本塁打が飛び出す延長11回の大熱戦の末に6-7で敗れたが、地元メディアは前田について「ポストシーズンの輝かしい投球は続く」と称賛している。

 メジャー最強とも呼ばれたドジャースブルペンが崩れた。3-1と2点リードで迎えた8回、デイブ・ロバーツ監督はブランドン・モロー先頭打者に二塁打を浴びると、守護神ジャンセンを投入。しかし、最強クローザーは1死三塁でコレアにタイムリーを浴びると、イニング跨ぎとなった9回にはゴンザレスに同点のソロ弾を打たれ、延長戦に突入。そして、10回にはフィールズが2被弾、11回にはマッカーシーが1被弾と打ち込まれ、力尽きた。

 モロー、ジャンセンというドジャースの「勝利の方程式」がアストロズ打線に打ち砕かれての敗戦というショッキングな結果となったが、前田は無傷のままだった。0-1で迎えた5回に先発ヒルからマウンドを受け継ぐと、先頭スプリンガー、好調ブレグマン、アルトゥーベと1〜3番を完璧に抑え込んだ。

 この時点でポストシーズンでは打者18人を連続凡退とパーフェクトを継続していた前田。その直後には、ピーダーソンの同点弾が飛び出し、試合は振り出しに戻る。6回もイニング跨ぎで登板した前田は、先頭コレアには6球目の宝刀スライダーをレフト前に運ばれ、ついにパーフェクトはストップした。それでも、続くグリエルを捕邪飛に仕留める。左打者のマッキャンを迎えたところで降板となったが、左腕ワトソンが二ゴロ併殺打に仕留め、前田はポストシーズン6回1/3で防御率0.00を継続させた。

先発ヒルを4回で交代「ケンタが登場し、輝けるピッチングを続けた」

 直後の6回にはシーガーの2ランが飛び出し、前田の好投から流れは変わったかに見えた。しかし、ドジャースはその後の乱打戦で打ち負け、痛恨の敗戦。自慢のブルペンが崩れるというダメージの大きな1敗となったが、地元紙「ニューヨーク・タイムズ」は試合の速報で5回の攻防を紹介し、前田の力投を称賛している。

「リッチ・ヒルはわずか60球を投げ終えたところだった。失点はわずかに1だったが、5回スタート時点で降板させられた。デイブ・ロバーツは何としても同じラインナップ相手に3巡目を迎えさせたくなかった」

 先発ヒルの降板理由をこう分析する一方で、「ブルペンはフレッシュだった。ケンタ・マエダが登場し、ポストシーズンの輝けるピッチングを続けた。彼はジョージ・スプリンガーをセンターフライに、アレックス・ブレグマンをレフトに、いずれも外野フライで仕留めると、ホセ・アロトゥーベはファウルフライで仕留めた」と、リリーバー前田の好投を称えた。

 ワールドシリーズに登板した日本人投手としては、松坂大輔、岡島秀樹、上原浩治、田澤純一に続く5人目となった前田。痛恨の敗戦の中でも、輝けるピッチングで存在感を放っており、この先もワールドシリーズでのキーマンとなりそうだ。(Full-Count編集部)