初回3点先制を演出する中前打、4回には快足で三塁内野安打

■レッズ 4-1 パイレーツ(日本時間16日・シンシナティ)

 レッズの秋山翔吾外野手は15日(日本時間16日)、本拠地のパイレーツ戦で「1番・左翼」で先発出場。初回先頭で中前打、4回2死では三塁内野安打を放ち、3試合ぶりメジャー6度目のマルチ安打をマークした。4打数2安打で打率.237。チームは4-1で快勝し、4連勝に伸ばした。

 初回先頭は1ボール2ストライクからマスグローブの高めフォーシームを中前へ打ち返した。初回の3点を呼び込んだ。2回無死は空振り三振に倒れたものの、4回2死では快足を飛ばして三塁内野安打とした。7回1死は三ゴロに倒れた。

 秋山は9月は39打数13安打の打率.333。11四球を選んでおり、打撃の状態を上げている。(Full-Count編集部)