自力V消滅の瀬戸際… 元阪神エースの藪恵壹氏が指摘「しつこいくらいに徹底的に内角を攻めるべき」

■巨人 6-3 阪神(15日・東京ドーム)

 阪神は15日、敵地・東京ドームでの巨人戦に3-6で敗れ、自力Vが消滅した。ここまで開幕10連勝と向かうところ敵なしだった巨人のエース・菅野智之投手に対して、近本光司外野手の2打席連続アーチなどで攻撃。菅野から今季初めて5回までに3点を奪うなど、6回表までは3-2と1点をリードしたが守り切れず、手痛い逆転負けを喫した。

 首位を走る巨人と2位・阪神の直接対決。巨人のマジック点灯を避けるためにも、是が非でも初戦白星を狙いたい阪神に対して、試合開始前から「岡本和真選手に対する内角攻めを徹底するべき」と警鐘を鳴らしていた人物がいる。それが阪神OBでメジャー右腕の藪恵壹氏だ。藪氏は「この3連戦は岡本選手には絶対にヒットを1本も打たせたらダメ」だとし、先発マウンドに上がった2年目左腕・高橋遥人投手の「フォークとスライダーがカギになるでしょう」と話していた。

「最近の巨人打線でカギになるのは、1番・坂本、4番・岡本、7番・大城の3人です。特に、4番の岡本選手は絶対に抑え込まないといけない打者。となると、しつこいくらいに徹底的に内角を攻めるべきです。でも、そこで阪神バッテリーの甘さが出ました」

 2回先頭の第1打席こそ、初球に投げた139キロの内角カットボールで遊撃ゴロに仕留めたが、4回先頭の第2打席はカウント2-1から4球目140キロの内角カットボールを捉えられ、三塁線を破る二塁打とされた。この打席は、初球が外角ボール、2球目は真ん中ストレート、3球目は内角ボール。続く丸に中前打を許し、岡本に同点ホームを踏まれた。

「勝負の世界ですから、喧嘩腰で攻めても良かった。内角は意識させた方が勝ちですよ」

 そして6回無死一、三塁での第3打席には、カウント1-1から3球目148キロ内角ストレートをセンターへ弾き返されて同点。打線の繋がりを断ち切れず、一気に逆転を許した。

 藪氏が戦前に予想した通り、攻撃のポイントとなった岡本。「2打席目にしっかり内角を攻め切れていれば、3打席目のヒットはなかったでしょう」と藪氏は分析する。

「全然内角の厳しいコースを攻め切れていませんでした。(死球を)当ててしまったらゴメンナサイ、という覚悟で攻めないと。わざと当てるのは良くないことですが、当たってしまったら、それはそれで意味がある。特に、3連戦の初戦に攻めきることが大事。マスクを被った梅野選手にとっても、そうした方が2戦目以降がやりやすくなったでしょう。勝負の世界ですから、喧嘩腰で攻めても良かった。内角は意識させた方が勝ちですよ」

 藪氏自身、現役時代は内角を恐れずに投げきる技術と度胸を持っていた。特に、巨人在籍時の清原和博氏には徹底した内角攻めを貫き、1997年にはシーズン3つ目の死球を当てた試合で睨み合い、一触即発の状況を招いたこともある。内角攻めがいかに有効か。「勝負に対する姿勢が甘いと思う」と話す藪氏には、実体験が伴うから説得力が増す。

 現時点での自力Vは消滅し、ゲーム差を10.5まで広げられたが、まだシーズンは終わったわけではない。残り47試合、直接対決は9試合。最後の最後まで攻めの姿勢を忘れずに戦い続けたい。(佐藤直子 / Naoko Sato)