ダルビッシュのスライダーを絶賛「あれはえげつない」

 24日(日本時間25日)から始まったワールドシリーズは第2戦を終えた時点で1勝1敗となった。第2戦に先発したアストロズのジャスティン・バーランダー投手は6回を3失点と力投。許した安打2本がともに本塁打となり、一時逆転を許したものの、クオリティースタート(6回以上を自責3以内)でその後の逆転勝利につなげた。アストロズを牽引する右腕がドジャースで第3戦に先発予定のダルビッシュ有投手を手放しで称賛した。

 メジャー13年目を迎えても、投手として飽くなき成長を求めるバーランダーは、普段から他の投手の映像や登板を見ながら「自分に何か取り入れるものはないか」と、対戦投手のピッチングを研究するという。その中でも最も記憶に残っているのが、ダルビッシュのスライダーだ。

「ユウ・ダルビッシュと言えば、あのえげつないスライダーだよね」

 そう切り出した右腕は「スライダーを多投するし、しかも威力抜群だ。速球も目が覚めるようなキレがある。この2球種でストライクゾーンを攻められた日には、対戦相手にはタフな存在だね」と続けた。

2013年球宴では「ピッチング談義」、「彼は実にスマートなピッチャー」

 2013年のオールスターで「ピッチング談義」に花を咲かせたことも、ダルビッシュ評を高めた1つの要因だという。速球の使い方やスライダーの投げ方などで話が弾み、「彼は実にスマートなピッチャー」と感心。「成功するにはそれなりの理由があるんだよ」と、世界一を目指すため、ドジャースに乞われてトレード移籍した右腕について評価した。

 常に「見ていて楽しい」というダルビッシュの投球を、第3戦も敵ながら“期待”しているという。

「ダルビッシュは間違いなく素晴らしい投球を見せるだろうけど、ウチの打線もスペシャル。必ず彼の投球に突破口を見出すはずだ。一流と一流の対決を、ベンチからじっくり楽しませてもらうよ」

 自身は先に第2戦の登板を終え、チームは勝敗を1勝1敗のタイに戻した。「自分は自分の仕事をするだけ」と穏やかに語るが、自身3度目のワールドシリーズで悲願の世界一奪取にかける思いは強い。ダルビッシュの投球を“楽しみ”つつも、快投が続けば、内心は焦りが募るに違いない。(Full-Count編集部)