本塁生還する際に本塁ベースに足で土をかける行為、ストライク・ボール判定に不満か

■Wソックス – ツインズ(日本時間18日・シカゴ)

 ツインズのジョシュ・ドナルドソン内野手が17日(日本時間18日)、敵地・ホワイトソックス戦で勝ち越し弾で本塁生還した後に退場処分を受けた。6回先頭の第3打席で左越え5号ソロ。本塁生還する際に本塁ベースに足で土をかける行為で即刻退場となった。

「2番・三塁」で先発出場したドナルドソンは初回1死で空振り三振。3回2死では中飛に倒れた。6回先頭では2ボールから外角低めのスライダーをストライクとされた後にアーチにつなげた。どの打席でも際どいコースをストライクとされる場面があり、球審と言葉を交わす場面もあった。(Full-Count編集部)